まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツルフジバカマ

ツルフジバカマ 花序
マメ科
ソラマメ属
Vicia amoena Fisch. ex Ser.

花は幅6mm程度、長さ8mmから9mm程度。
上向きの総状花序に、やや重いのか蝶形花が結構垂れてつくのが面白い。(そのため花と色の違う鮮やかな赤系の萼が目立つ。)

つる性でよく巻きひげを出して絡んでいる。
手近なものしか見られなかったが、茎がしっかりしていて長さも2m以上ある模様。
全草毛深い


某河川の土手の盛大な草地に一箇所だけかたまってやや小さめの群落を作っていた。
降りられるようなところではなく(踏み荒らす気自体毛頭ないが。)、あまり状態のよい個体を撮れなかったものの、いい色で嬉しい。
※なお、宮城県の方ではちょこちょこ見られる。(まだ掲載していないが。)

花序・花の拡大・蕾の様子

ツルフジバカマ 花序 ツルフジバカマ 花 ツルフジバカマ 蕾 葉腋から花序軸を伸ばし直立していくつもの花を総状につけている。
萼が赤いので、やや多彩なグラデーションのある赤紫系の花との対比が面白い。
花序の、最下の花から頂点までは5cm程度とそれほど大きくはない。総状といってもかなりずんぐり短く丸っこい
旗弁の先端側縁の方はやや青み成分が多いか。
反り返る部分はかなり大きく、花は筒状に見える部分がほとんどない。半分から半分以下
小花柄は小さな蕾の時期から赤いが萼は咲き出したものだけ赤くなっている。
萼や小花柄も白い軟毛で毛深い。

葉と小葉の拡大・托葉の様子

ツルフジバカマ 葉 ツルフジバカマ 小葉 ツルフジバカマ 托葉 小葉は卵状に下膨れの長楕円。クサフジやナヨクサフジ等と比べて上部の葉もだいぶ幅が広い。
葉軸先端は巻きひげになっている。
葉の表面にも伏した毛がかなり生えている。
葉裏・葉縁はやや開出した軟毛が密生。
葉質はやや厚手で革質に思われる。縁は弱く裏に反るので一見、より厚手に見える。
小葉の数は10ちょっとと少ない。(似た花のクサフジでは、20前後になる。)
托葉は細い三角状で基部が後ろによく発達しているものが多めで、縁はやや赤く染まっている。

茎の様子

ツルフジバカマ 茎 茎は3mmから3.5mm程度あり、かなり丈夫だった。開出気味のやや縮れた軟毛が密生、やや暑苦しいか。
彫りが深く顕著な筋が数本ある。

托葉のバリエーション

ツルフジバカマ 托葉 かなり変化するが、ツルフジバカマでは後方がよく発達するものが多めか。
これに似たいくつもの種でそれぞれが大きな変化をするので、托葉での種の区別は不可能


花確認:
2007(F8)
2008(F7)

宮城県版のソラマメ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。