まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

サデクサ

サデクサ トップ
タデ科
イヌタデ属
Persicaria maackiana (Regel) Nakai

花は長さ6mm程度、草丈は50cmから70cm程度。
つる性ではないがややなよっとしているのか、藪の中で他の草本に棘を引っ掛けたりもたれたりして立っている。
托葉が遠目にはギアのような形で大きいことと、葉の前側のパーツがやたら細く基部のやじりがやたら細く大きくT字っぽいことですぐにそれとわかる。
河川高水敷の藪の奥(=川縁)で群落になっているが、少ない。

全景と群落

サデクサ 群落 サデクサ 全景 この群落の様子と全景。
日差しが強いため、なよっとした本種はみんな葉がやや垂れている。

花序と花の様子

サデクサ 花序 サデクサ 花序 サデクサ 蕾・花 サデクサ 花
サデクサ 花 花は5から10集まってつまって球状っぽいが散状ではなく総状。
萼片は5枚で長卵形。元々外になる2片、まれにもう一片は、上部半分ほどは紅色で基部側の白との境界はぼんやりしている。最先端は薄緑。ただし、縁はどこも全体白。他の片(3または2)はほとんど白でやや染まる程度。
基本的に半開き。
花柄には棘が生えているが、上部の数mmの範囲の棘は茎と異なり「やや上向きに」鉤状。なお、この棘とは別に微毛があるようで、まばらに粉っぽくなっている。

葉と葉裏の様子

サデクサ 葉 サデクサ 葉裏 サデクサ 葉裏 葉は長細く倒披針形で基部が顕著で太いやじり形で、面白い形状(T字状)。この、細さとやじりの大きさが大きな特徴。一目でこれと分かる。
基部の、葉柄のとの結合部は赤い染まりが目立つ。
表面にはそれぞれの裂片の方向に伏した軟毛がかなりまばらに散生、更に、それより多く微毛も生えるがほとんど分からない。裏面には微毛が生え、主脈上には鋭い黄褐色の棘が散生。
縁にも細い毛が少し生える。
葉柄はかなり長く、茎同様の棘が生える。

茎と托葉の様子

サデクサ 茎・托葉 サデクサ 托葉 サデクサ 茎の棘 托葉は大きく丸っこくて、強い三角の歯牙がたくさんある。遠目にはギアのようだが近づいてみると茎をはっきり抱いている腎臓形で、270度から300度とりまいている。よくそばに生えているイシミカワのように閉じた丸ではない。
裂片の先端には軟毛が一本突き出ている。
茎はやや弱めの稜状の盛り上がりと筋状の窪みとがあり、稜上には列状に鋭い棘が生えよく引っかかる。棘は弱く鉤状に曲がりやや下向きに生える。基部は膨れている。棘は赤くなっているものも多い。
また、節部は赤く、環状に白い長毛が生えている。

果実の様子

サデクサ 果実 サデクサ 果実・種子 サデクサ 種子 萼は白褐色になり赤みはなくなった。枯れて茶色くなって破れ、中の痩果が見えている。痩果は光沢の強い黒茶色で、3稜で、膨らんだ3面で構成され、下面が最も平らで面積が広い。
稜を無視すれば卵体。
大事なサデクサ。痩果はその場で撮影し、撮影後に元の位置から自然落下させておいた。

葉形の比較

他の葉の比較 変わった葉を持つこの仲間の比較。


花確認:
2007(F8)(F10)
2008(F9)(F10)
2009(F7)
実確認:
2007(C8)(C10)
2008(C9)(C10)(C11)

宮城県版のイヌタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。