まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハシカグサ

ハシカグサ 全景
アカネ科 ハシカグサ属
123456789101112

Neanotis hirsuta (L.f.) W.H.Lewis var. hirsuta

花は2.5mmから3mm程度、草丈は10cmから25cm程度。下部はよく地を這い分枝し上部は湾曲斜上。
群落内で高密度に生える。
花は対生の葉腋に大抵はひとつ着ける。(一応、束生するようだが。)
林縁や明るい林床にて確認。

花と全草の様子

ハシカグサ 花 ハシカグサ 全景 花冠は太めに4裂し裂片は正三角形状。花冠裂片の中央脈は丸く盛り上がっている。(よく見ないと分からないが。)
オシベは花冠切れ込みの位置に4本あり、オシベ・メシベとも花冠の開いた部分すれすれで飛び出ていない。
萼は花冠裂片よりかなり大きくまた切れ込みの位置にあることから目立つ。長卵形から長楕円。萼の下側(=表)には軟毛が生える。(※これがないものはオオハシカグサ(Neanotis hirsuta (L.f.) W.H.Lewis var. glabra (Honda) H.Hara)という変種とされる模様。)

葉と茎、托葉の様子

ハシカグサ 葉 ハシカグサ 茎・托葉 葉は対生し狭卵形から長楕円。縁は、全縁できれいで短毛が密生。
表面には目立つやや立ち上がった軟毛が散生、特に若い葉では目立つ。葉裏、特に主脈上には毛が目立つ
基部はくさび形。葉柄には翼状に葉身が流れる。
茎は四角く節の下側で節に近づくに従って透明で開出した長軟毛がよく生える。まばらだが目立つ。
節には開出して先端がやや上に曲がった、全裂した櫛の歯状の托葉が取り巻き、この裂片の縁は細かい毛がまばらにある。

花後から果実期の様子

ハシカグサ 果実 ハシカグサ 果実 果実としてはまだまだだが、丁度萼の反対側の毛がよく見えるので載せておく。

萼と花冠が5のもの

ハシカグサ 5裂の花 もののついでに載せただけだが。ただ、私はこういうのを見つけると何となくうれしい。


花確認:
2007(F8)(F9)(F10)
実確認:
2007(C9)(C10)
2008(C10)

宮城県版のハシカグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。