まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スズメノヒエ

スズメノヒエ トップ
イネ科
スズメノヒエ属
Paspalum thunbergii Kunth ex Steud.

5cm程度で間隔を置いて4、5本、ほぼ互い違いに120度?150度位の角に開いて総をつける。総同士の間はやや間延びしている。草丈は40cmから50cm程度。
葉や鞘には開出した軟毛がかなり多い花序はほぼ無毛なため、シマスズメノヒエを見慣れていると何となくぬめっとした印象。
畑脇の小路(農道)の土手(畑が高くなっている)に生えていた。

全景

スズメノヒエ 全景 スズメノヒエ 花序 (容量が大きく申し訳ないとは思うものの…草の性状の都合で雰囲気を分かりやすく伝えるにはこうする他どうにもならない。)

穂と小穂拡大
スズメノヒエ 花序(総) スズメノヒエ 花序(総裏) スズメノヒエ 小穂 小穂は、ルーペで強引にズームすれば縁部分には少しだけ微毛があるが、ほとんど無毛でつるっとしている
小穂は3mm程度で広卵形。
中は裏から見たもので、小穂の平らな面が外側、膨らんだ面が内側を向き2列になっている。
右は横から見たもので、前方から傾いて軸に対して30度程になっている。

穂を上から及び基部の様子
スズメノヒエ 花序(総を上から) スズメノヒエ 花序(総の基部) スズメノヒエ 総の基部 上面は、やや平らで広がった各穂の軸だけ見える。
表面は小穂に合わせてややでこぼこしている。
質はアートフラワーのフローラルテープ(芯に伸ばして巻きつけて貼る、茎等用のテープ)のよう。
各穂の軸の基部には1から3本程度、長軟毛が生えるものも中にはあるが、ほとんどは無毛。
周辺では造成地等最近手を入れた土地を中心に殖えている「シマスズメノヒエ」は対照的にここ(や小穂にも)に毛が密生。

開花している小穂の様子

スズメノヒエ 花序 スズメノヒエ 小穂(1小花) スズメノヒエ 開花小穂
さすがに華やかではないが、拡大してみればそれなりに色は鮮やかだったりする。

葉と葉鞘・茎の様子

スズメノヒエ 葉 スズメノヒエ 葉 スズメノヒエ 葉鞘 葉は広線形で、表面にまで長軟毛が密生している。
鞘部にも密生

スズメノヒエ 葉と茎 スズメノヒエ 茎の節部 節部分にも白い軟毛が密生。


花確認:
2007(F8)(F9)(F10)
2008(F10)
実確認:
2007(C8)(C9)(C10)
2008(C10)

宮城県版のスズメノヒエ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。