まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

クルマバザクロソウ

クルマバザクロソウ
ザクロソウ科 ザクロソウ属
123456789101112

Mollugo verticillata L.

花は3mmから3.5mm程度、ザクロソウよりやや大きい。
草丈は7cmから15cm程度だがよく這って育ち根際からの各茎の長さは15cmから25cm程度ある。
葉が多く重たいのもあるのかもしれないがザクロソウより這い性が強い印象。
特に通常の茎部と花序という境がないようなのでその分余計、花序部が立ち上がり気味のザクロソウと比べ這って見えると思われる。
畑の裸地等によく生えている。

全景と花の様子

クルマバザクロソウ 全景 クルマバザクロソウ 花 開花時点の萼片はザクロソウのベージュ系ベースの白と異なり薄緑ベースの白
内側で閉じている濃い目の緑の3脈があり、模様として目立つ。
子房の色は、ザクロソウが薄いベージュ系なのに対し、黄緑。
花全体の色温度が低く温かさがない感じ。
萼片はザクロソウが太めで重心的にも卵形なのに対し、 細めで重心も先端側のものが多く、倒披針形
オシベは子房に寄り添わず離れている。
写真の都合で花序の説明は後述。

葉と茎

クルマバザクロソウ 葉・茎 クルマバザクロソウ 葉・茎 葉は輪生状、掌状にサイズ・位置のバランスの偏った5枚。
(5が多いが、4から6枚程度の模様。)
形状は倒披針形をかなり細くした形状から線形。中央脈のみ目立つ。
やや光沢がある。
葉柄はない。

ザクロソウは途中から葉があまりつかなくなり「花序」らしくなるが クルマバザクロソウは先端まで節毎に目立つ葉があり、そのまま続く茎に葉腋毎に複数の花が束生、という感じ。
各節には倒披針形から線形で小さく白色で中央部が緑のものがつくが托葉か。不明。
花柄基部はやや太く肉色をしていて、この色の終端部分で急に曲がっている。
葉腋の一点に集中していて、ルーペで見るとなんだかちょっと気持ち悪い。
葉は、これがあるためきれいな輪生状になっていない模様。
この節部から出ている新たな茎は下部が花柄同様膨れて肉色
花柄が出る点はどの節でも同じ側にあるようで、しかも大抵丁度、この点が上を向くように茎が育っている。

根生葉はさじ形でロゼット状になる。花期にも割と残っていて、ピンボケだが一応左の写真の下部に写っている。
茎は、目立たないが稜がある。

果実と種子

クルマバザクロソウ 果実・種子 クルマバザクロソウ 果実・種子 子房は裂開しつやのある濃い小豆色の種子をこぼす。
ザクロソウは裂開する頃には下を向いているものが多いが、こちらは上から横を向いているものが多い。


花確認:
2007(F8)
2008(F8)
実確認:
2007(C8)
2008(C8)

宮城県版のザクロソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。