まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメムカシヨモギ

Conyza canadensis (L.) Cronquist

頭花の径は2mmから2.5mm程度と小さい。
茎は株元で分かれた後すぐ直立してよく伸び、草丈は60cmから2m程度。周辺では1.5mから1.8m程度のものが多い。
名にヒメとつくが普通小さいのは花だけで丈はかなり大きいのだが、環境によっては7、8cmのものもよく見かける。
上部で頻繁に花序の枝を出し、大きな円錐花序になる。
全体のシルエットはマッチ棒やマチ針のよう。(丈に関わらず葉の大きさがほとんど変わらないので、特に大きい株ではよりそう見える。)

荒れ地等条件の悪い場所でもよく生える。
よくアレチノギク・オオアレチノギクと混生し遠目にはやや分かりづらいが、色や毛の様子等、顕著に異なる。
アレチノギク系では各所に白い短毛が密生しているが、ヒメムカシヨモギは長毛がまばらに散生して、 かえってすっきりして見え、更に全体に黄色味も少なく濃い緑なので瑞々しく見える。

花序の一部と頭花
ヒメムカシヨモギ 花序 ヒメムカシヨモギ 頭花 花期の頭花は、樽型になるアレチノギク系とは違い縦にかなり長細い(やや下膨れになったりはするが。)。総苞基部から舌状花先端までだと、径の倍程度ある。
総苞片は拡大してみれば毛がかなり多く見えるが、アレチノギク系と比べるとまばら。
毛は列状に生える。
舌状花がアレチノギク系よりも飛び出していて、色もベージュではなくなので少しきれいに見える。

葉と茎の様子
ヒメムカシヨモギ 葉 ヒメムカシヨモギ 茎 葉はやや開き気味につき、披針形で緑が濃く黄色味が少ない。
葉柄はなく基部はくさび形。
縁は分かりやすい鋸歯のあるものも下部に多少はあるがほとんどは縁が不整にがたつく程度。
縁に白い長毛がかなりまばらに散生。表や裏には生えていない
表面で脈が盛り上がっていて、各脈の中央は筋状に窪んでいる。
茎は円柱状だが、縦に筋状に四角状に数本浮き出ていて、その上にのみ、白い長毛がまばらに散生
毛は開出している。

痩果の様子
ヒメムカシヨモギ 痩果・冠毛 写真は状態が悪いが、痩果は長い冠毛のあるもので、色はベージュ。


花確認:
2007(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F7)(F8)(F9)
2009(F8)(F9)
実確認:
2007(C7)(C8)(C9)(C10)
2008(C8)(C9)
2009(C8)(C9)

宮城県版のムカシヨモギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。