まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

チョウジタデ

チョウジタデ 全景
アカバナ科 チョウジタデ属
123456789101112

Ludwigia epilobioides Maxim.

花は7mmから7.5mm程度、草丈は60cmから70cm程度。あまり直立はしない。水辺で見かけるが、花が小さく全体が大きいためみすぼらしいのかせっかくきれいな黄色の花だが育った頃には刈られる個体が多い。
萼や若い葉裏には短毛がわずかに散生するものの、ほぼ無毛。
似たものにウスゲチョウジタデがある。また、少々印象が異なるもののやや似たものにヒレタゴボウというものもある。
晩秋には全草が赤くなる

全草と花の拡大

チョウジタデ 全景 チョウジタデ 花 チョウジタデ 花序 花は子房下位の4弁花で楕円の花弁の基部には半透明の丸いものがある。
モンシロチョウがしきりに寄ってきていて、どうやらこの丸いもの付近にストローを伸ばしてカキ氷をつつくようにざくざくしながら吸蜜していたので、これには蜜が溜まっているのだろう。
ウスゲチョウジタデでは、この周囲に長毛が包むように生えているが、チョウジタデでは全く、もしくはほとんど、生えていない。
子房は花期にはせいぜい1cm程度。
ウスゲチョウジタデでは5弁が基本だがこちらは4弁が基本
この個体では1割程度、5弁のものが混じっていたが、丁度隣り合って咲いている部分があったので撮っておいた。

葉と茎の稜の様子

チョウジタデ 葉 チョウジタデ 茎の稜 長いもので7cm程度。
葉は狭卵形から披針形、縁は微かに波のある全縁。先端はきれいに細まっているが尖らず鈍くなっている。葉柄は短いが一応ちゃんとある。
葉色は濃い緑で黄色味はない。中央脈は薄緑に残り目立つ。また、脈、特に縁付近を囲むようになった脈は、強く窪んでいて、目立つ。表面はつやが少なく鈍い感じだがすべすべはしている。無毛。
葉柄の基部側や茎は黄褐色と緑と赤紫が入り混じっている。
葉柄の上面左右縁が稜状になって茎に入り下に続く
稜はところどころ微細な突起状のものがありややがたがたしている。

果実とその上面及び宿存する萼

チョウジタデ 果実期の萼 チョウジタデ 果実 オシベのあった部分は子房上部と同じ高さだが花弁基部のぷっくりした半透明のもののあった部分は一段高くなっている。それ以外の部分は更に一段高くなっている。
きれいに型抜きしたような段々の境界が面白い。
花の下にあった子房は花後伸びて4cmから5cm程度になる。鈍い角の4角状で、角はぶつぶつと丸くなっているのでぼこぼこして見える。

チョウジ(丁子)の写真

チョウジ クローブ ついでに、スパイスのチョウジ、クローブ。手元にGABANのビンがあるので撮ってみた。
ちなみに、カレー等や肉料理には使うがこれ単体でそのままかじったりするととてつもない味。調理中にきっちり取り除かずに済ませると食事中悲劇が。
さて。乾燥しているからとはいえ…そんなに似てないようだが。


花確認:
2007(F9)
実確認:
2007(C9)(C10)

宮城県版のチョウジタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。