まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アカバナ

アカバナ 全景
アカバナ科
アカバナ属
Epilobium pyrricholophum Franch. et Sav.

花は1cmから1.5cm程度で大抵1cm程度、草丈は30cmから50cm程度。地際で多数分かれて叢生するので株の形態としては賑やか。
アカバナ科を代表する花なのだが、少なくとも今はそれほどどこにでもあるわけではなさそう。
全草の腺毛が目立つ。秋には全草が濃く渋い赤紫になる。
花も葉も色はともかく小さくかなり地味なので普通の人には邪魔な雑草のひとつに過ぎない(というか田んぼにも生えかなりよく育つので人によってはかなり迷惑だろうとは思う。)が、私はその「雑草」が好きなのでこういうのが好き。

全景

アカバナ 全景

花の様子

アカバナ 花 アカバナ 花 子房下位。花は狭倒卵形の4弁で、細いため十字なのが顕著。先端は、深くはないがざっくり切れ込んでいる。
ビビッドな色合いではなくそれほど目立つものではないが脈や縁側に色味が偏っていて、グラデーションがきれい。咲き始めと咲き終わりではより色が濃く見える。
萼の縁も赤く染まる。
柱頭は白い長楕円に近い倒長卵体でマッチ棒の頭のよう。こん棒状と呼ばれる。

葉の様子と茎の様子

アカバナ 葉 アカバナ 染まった葉 アカバナ 茎 葉は2cmから2.5cm程度、狭卵形から披針形で基部は丸い。葉柄はほとんどなく2mm程度。普通に見る感じでは無柄。縁は不整でまばらな鋸歯がある。低いが鋸歯先端が丸い突起になっていて色も明るいためぷつぷつ目立つ。
葉の表面には腺毛がまばらに散生、縁や裏には多く生える。
茎には腺毛が密生
葉や茎は段々紅葉し濃い赤紫に染まる。

果実の様子

アカバナ 若い果実 アカバナ 熟して割けた果実 果実は細いバットのようで長さ5cm程度になる。ここも腺毛が密生
割けると中には綿毛のついた長楕円の種子が入っている。この毛は『種髪』と呼ばれる。(※果実の中の種子に生えているもので、タンポ ポの痩果が持つ冠毛のような、外側の組織ではない。)

冬の様子

アカバナ 若い全景 アカバナ 若い_の拡大 多年草でその年よく育っていた株の新しい地上部が出ている。(前日は全て雪の中だったがすべて解けたので見えるようになった。)
花も小さい等物が物なので雑草と判断されて花の最盛期に全て抜かれていたのだが、抜いた後束ねて藁の山よろしく放置されていたのでそのまま一部根を張った模様。田舎なため自然の植生がまだ残る、住宅地内の公園内土手なのだが、管理がずさんで助かった、というところ。
同じ株から結構大量に茎が出ている。
丸っこい小さな葉。微細鋸歯があるが目立たない。先端は丸く、基部は円形から浅心形。ややつやつやしている。(なお、幼生株もほとんど同じ様子。)


花確認:
2007(F8)(F9)
2008(F9)
2009(F8)
実確認:
2007(C8)(C9)(C10)(C11)
2008(C9)
2009(C8)

宮城県版のアカバナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。