まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

イタドリ

イタドリ 全景・花序
タデ科
イタドリ属
Fallopia japonica (Houtt.) Ronse Decr.

花は3mmから3.5mm程度、やや這い性もあり丈60cmから1.5m程度、長さ自体は2m程度。
雌雄異株。分枝した枝は長く横に伸び幅を取る。主茎部分が全景写真の右のもののように太く発達している場合は重みで弓なりになった程度の立ち木のような印象になるが、大抵は「乗るタイプ」の「つる性」のような印象になっている。地下茎で拡がるようだが、掘って確かめてみたことはない。
花より果実の方が目立つ。(どちらも白いが。)

全景の様子

イタドリ 全景 イタドリ 全景 イタドリ 全景 イタドリ 枝
花数的に結構にぎやかで、渋く濃い目の葉色とのコントラストで目立つ。
茎は赤紫で角度は弱いがしっかり節毎につづら折状になっている。

花序と花の様子

イタドリ 花序 イタドリ 花序 イタドリ 花拡大
複総状花序(円錐花序)で、タデ科の中ではにぎやかな方か。色が地味で小さいので華やかではないが。
花の拡大写真で見るとオシベが短くて外に突き出ていないのでこれは雌株の雌花。中央奥には黄緑の丸っこい子房が見える。
苞は薄膜状で軸に張り付き、くすんだ赤茶色で、やや目立つ。
軸には短毛が密生。苞の基部には列状にやや長めの毛が密生して白い。
花柄は5mm程度で、近づいてみると割と長い。
なお、白いものは花弁ではなく…花弁と萼片が分化していないので単にまとめて「花被片」と呼ばれ、全5枚あるが小さな内花被片は2枚で角丸四角に近い倒卵形、大きな外花被片は3枚あり中央で折れて船形になっている。

葉と茎、托葉の様子

イタドリ 葉 イタドリ 托葉 葉は長楕円、長卵形、卵形で、先端ははっきり尖り基部は切形がやや矢はずになりかけた感じで後方に向いた非常に鈍角な三角形ができている。ただし、探すと結構くさび形のものも見られる。
縁は全縁か波状で短毛が密生。
大きなものでは20cm程度になる。
葉色は柔らかな緑のものから渋い灰っぽい深緑のものまで色々。
茎は白い短毛が密生、葉は茎に沿った形で出てから90度急に曲がっている。
微かに稜があるものの断面はほぼ円形。
托葉は薄い膜状鞘状で茎に張り付きくすんだ赤茶色

果実の様子

イタドリ 果実 イタドリ 果実 イタドリ 果実の拡大 ハートのように先端が窪んだサジを丁度中心線からくの字に折った形状が3枚合わさったようなものがぶら下がる。ぱりぱりと薄い。隙間からつやつやした黒い痩果が少しだけ覗いているが、内花被片らしきものが帯状に縦に被っているためその脇から少し見える程度。痩果がよく膨らむとより覗く範囲が広くなる。


花確認:
2007(F9)(F10)
2008(F8)
2011(F8)
実確認:
2007(C9)(C10)(C11)
2009(C9)

宮城県版のイタドリ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。