まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツルボ

ツルボ 全景・花
ユリ科
ツルボ属
Scilla scilloides (Lindl.) Druce

花は6.5mmから7mm程度で平開、草丈は15cmから20cm程度。
花は薄紫で青みはやや弱い。分類は印象を優先して敢えて桃にしておく。

蕾から下の花(花後)まで(若い順)
ツルボ 蕾 ツルボ 花 ツルボ 花 ツルボ 果実
ヘラ形の花被片6、オシベ6、葯は明るい褐色で、半葯は二つあるのだがそれぞれ、縁と裏は白褐色。
子房には白い粉状で目立つ筋が3本と薄っすらとした目立たない粉っぽくない筋が3本あり、 子房が膨らんだ時に目立つ方は凹む側。
子房部分は咲き始めでは花被片と同じ色のかなり薄い薄紫で柱頭が突き出た単純な卵形だが、 徐々に赤みがさして薄い桃色になり3筋で絞ったままの膨張した形状になり、 濃い目の赤褐色を経て緑褐色になり、花被片が傷む頃には濃い緑になる。
下から順に咲くため、上から若い順に並んでいて一度に色々な段階のものを見ることができて面白い。

蕾は窪んだ部分が濃い赤紫で膨らんでいる部分は白に近い。
全体に毛のようなものが多く表面はざらついている。先端側は、緑に黄緑の縁。

各花柄の基部には花柄より短い膜質でやや半透明気味の白っぽい細い三角状の苞葉がつくが目立たない。

なお、花茎の上部の若い部分では軸も花柄も薄紫。

花期の葉の様子
ツルボ 葉 葉は10cmから12cm程度で線状倒披針形、太い部分は1.2cm程度。縁が上に持ち上がっているので強いとい形(U字状)。なお、先端はやや閉じている。
花期には3枚程度、輪生状ではなく並んでついている。
花茎は捩れて縦に筋がある。


花確認:
2007(F9)(F10)
2011(F9)(F10)
実確認:
2007(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。