まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ トップ
バラ科
キンミズヒキ属
Agrimonia nipponica Koidz.

花は5.5mmから6mm程度、草丈は30cmから50cm程度。
キンミズヒキより暗い林床等に生えるせいもあるのだろうが、ほとんどの場合、ひょろっとしていて、葉も下部にばかりある。大量に分枝して上の方まで多くの大きな葉があるキンミズヒキ(※明るい場所での典型のもの)とは印象が異なる。(もちろん、暗い林内のキンミズヒキはヒメキンミズヒキに似たような形態になるが。)
基部付近で二股に分枝するものは多いが、一本の時と同じようにほとんど直立しているので、音叉のような形態になる。

オシベの本数は一番の手がかりにされる(キンミズヒキは8から10数本)ようなのだが、少し気になるのは、 オシベの本数以外どう見てもキンミズヒキ、という個体や、 オシベの本数以外どう見てもヒメキンミズヒキ、という個体が群落内に時折見られること。
ただ、それらを見かけるのは「明らかなキンミズヒキと明らかなヒメキンミズヒキが混生しているような場所」ではないので、形態に変異が起きているだけだとは思う。

全景の様子

ヒメキンミズヒキ 全景 かなりのひょろひょろなので、林の中の空気の動き程度でも揺れたりして、フラッシュでの撮影が必要になる場合が多い。

花序と花の拡大

ヒメキンミズヒキ 花序 ヒメキンミズヒキ 花 ヒメキンミズヒキ 花拡大 花弁は細くオシベは5本
花はキンミズヒキより一回り小さく、花弁は非常に狭い長楕円から狭い倒長楕円オシベは5本がほとんどで、7本程度まで
花数そのものはキンミズヒキより少し少ない程度で大差ないが、ペースの調整なのか穂内では同時に咲く花数が少なく、せいぜい3花程度。

葉の様子

ヒメキンミズヒキ 葉 ヒメキンミズヒキ 葉 ヒメキンミズヒキ 葉
ヒメキンミズヒキ _hahaha 葉は奇数羽状複葉で下部でも先端の三小葉のみが大きく、他は2枚程度、掌状に5裂だけする8mmから9mm程度の小さな葉があり、それ以外にかけらのような3mm程度の切片のようなものがいくつかつく。
下部の先端三小葉は倒卵形や卵形、楕円形のやや太目の葉の個体が多いが、 時折、下部でもキンミズヒキのような全体に鋭い小葉のものになっている個体もあり、葉でぱっぱと見分けるのはやめた方がよい。
中部?上部の葉は先端三小葉が披針形から狭楕円形で細い。
鋸歯はふっくら丸く先端が摘んだようにほんの少し尖り、前方に湾曲している。
小葉柄はない。
葉の表面はよく見ると結構軟毛が生えているが、普通に見ていても目立ちはしない。
葉軸は軟毛が密生。

茎と托葉の様子

ヒメキンミズヒキ 茎・托葉 ヒメキンミズヒキ 托葉 茎の毛は白く、二種類生えていて、少し長いやや開いた上向きの毛が散生と、やや粉っぽく見える上向きに強く鉤状に曲がった短毛が密生。
ただし、短毛の方はフラッシュ撮影をしたりルーペで見ないと目立たない。
一対の托葉は太く、丁度大きな鋸歯つきの一枚の卵形を二つに割ったような感じ。

果実の様子

ヒメキンミズヒキ 果実 果実は径3mmから3.5mm程度と極端に小さい。
太い逆さ円錐と鏡餅のような二段半球を組み合わせたような形状がぶらさがり、面白い。
先端側(鏡餅側)の、基部側(つまり両立体の結合境界付近)に鉤状の突起がいくつも生える。
円錐側には先端向きになった白い毛が生える。

冬の様子と熟した果実

ヒメキンミズヒキ 冬の全景 ヒメキンミズヒキ 熟した果実 紅葉(黄葉)していてちょっとうれしい。
果実はよく引っかかる毛は目立つが、光を斜めに当ててよく見ると大量の腺毛も生えている。


花確認:
2007(F8)(F9)
2008(F7)(F8)(F9)
2012(F8)
実確認:
2007(C8)(C9)(C10)(C11)(C12)
2008(C8)(C9)

宮城県版のキンミズヒキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。