まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コバノカモメヅル

コバノカモメヅル
キョウチクトウ科 カモメヅル属
123456789101112

Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim. var. sublanceolatum

花は1cmから1.2cm程度、つる性で1mから2m程度。
よく絡みつき、自分自身にも絡んで収拾がつかなくなっている。
通常花はまばらのようだが、この群落では毬状になった花つきのよい各花序が、大量についている。
濃い赤紫の花がきれい。

全景と花序、花の様子

コバノカモメヅル 全景 コバノカモメヅル 花序 コバノカモメヅル 花 この個体では伸び方の都合でわりときれいな毬状に見えるが花序はよく見ると散形ではなくつまった総状の模様
(ネットでは散形との記述が見られるが。)
また、小花柄の基部付近で花序が分枝している。何花序というのかわからないが複合花序のひとつだろう。
花冠は5裂、細く深い裂片で、先端はややスクリュー状に捩れていて、ものによってはぐるぐる巻きになっている。
花冠が別の花に蛸のように絡んでいるものも見られる。
白い中央部の周囲には花冠と同色の小さな副花冠がある。
細い円錐の蕾もかわいらしい。

葉の様子

コバノカモメヅル 葉 対生で短い葉柄のある披針形の葉。4cmから7cm程度。基部はやや丸くなっていて、角丸四角状の、円形または浅い心形。
中途半端に葉柄が持ち上がり60度くらいになっていて、そこから葉身はやや下に傾く。
葉質自体はガガイモの仲間らしい。
縁にやや短毛が生える。
先端は尖っている。
葉縁は裏側にやや曲がっているものが多い。

果実の様子

コバノカモメヅル 若い果実 コバノカモメヅル 果実 5cm程度でぶら下がった絶妙な窄まり方をした果実。中央部に食害の跡が見られる模様。
大量に花をつけた株だったが、台風の影響を受けまくり状況は悪い。
右は、一部食害にあったようだが裂開を始めた果実。
写真には写っていないが綿毛状のものが少し見えた。

熟して割けた果実の様子

コバノカモメヅル 熟した果実 コバノカモメヅル 熟した果実2 割けた果皮。上部にかたまって詰まっている種子。綿毛状の種髪は先端側(下側)に伸びきれいに収納されている。
中央には一本、濃い褐色の棒状のものがある。
果皮から出ただけで自然に種髪は広がる。

種子の様子

コバノカモメヅル 種子全景 コバノカモメヅル 種子(種髪基部) 種髪の径は2.5cm程度。種子は長さ6mm程度で、シルエット的にも立体的にも、ヘラのようになっている。面白い。


花確認:
2007(F9)
実確認:
2007(C11)(C12)

宮城県版のカモメヅル属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。