まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

フジバカマ

フジバカマ 全景
キク科 ヒヨドリバナ属
123456789101112

Eupatorium japonicum Thunb.

草丈は1.5mから2m程度。結構背が高い
花は、花柱の色のせいで咲いている花がやや薄赤紫に見えるが、花筒そのものはみな白い模様。
ただし、秋も深まり冷え込んでくると、他の多くの植物と同様、赤紫味が出てくる。

ヒヨドリバナと似ているが、裂ける葉があることを一応の基準として(※双方とも変異があるため)、 葉の光沢、毛の有無、葉裏の腺点で判断する。ヒヨドリバナは葉に毛があり光沢がなくざらついて、裏に腺点がある。

フジバカマと称するものには葉がやたら整った、茎や花に紫色の強いやや背の低い華やかなものもあるが、 そちらは交配園芸種とされているもので、フジバカマ×何かと考えられている模様。
代表的なのはサワフジバカマか。
薬学的な成分の違いがどの程度かは知らない。

全景別画像

フジバカマ 全景 濃い緑が野性味あふれてむしろ逆にきれい。(園芸種が好きでないので。)

花序と花の様子

フジバカマ 花序 フジバカマ 頭花 フジバカマ 頭花冠毛 長細い、基部が薄緑の「蕾」(頭花なので蕾の集合)がかわいらしい。
咲くと長いシベを突き出してうねうねしている。
筒状花の中心で濃紫のメシベの花柱が伸びその先で2本に分かれた真っ白な柱頭が長く外へ飛び出している。
ひとつの頭花には筒状花が5つ程度。少ない
冠毛は長く、上から覗いている。
花時期に、筒状花の裂け目まで冠毛がある。張り付いてわかりづらいが。

葉の様子

フジバカマ 3裂葉 フジバカマ 3裂葉 フジバカマ 単葉 葉は対生。
葉色は濃緑で、鋸歯は荒く(粗くではない)太く、前方に湾曲、先端は白っぽくて目立つ。
典型的な葉としては3全裂で側裂片の、茎側サイドには葉肉があり葉先側サイドは葉肉がない
葉全体の基部は丁度一つながりでシンプルな円形になっている。
頂裂片は披針形。
生育具合等色々条件があるのだろうが、園芸種の「フジバカマ」と違って整った3裂葉が全体にあるわけでなく、 葉形は個体内でもかなり異なるものが混じり、まったく裂けない披針形の葉も多くある
表裏とも無毛
表面は光沢がある
脈を中心にぼこぼこしていて無骨。
下部ではやや目立つが上部では葉柄は極めて短く、ほぼ無柄に近い。

フジバカマ 葉形の図 色々な葉形になるが基本的にはこの図のような感じ。

葉裏の様子

フジバカマ 葉裏 腺点は見られない。

茎の下部と上部

フジバカマ 茎下部 フジバカマ 茎上部 下部ではやや茶褐色やくすんだ茶紫になっている部分も見られるが、鮮やかな紫になる部分はない
下部から中部は無毛
上部の若い部分では鉤状の白い短毛がまばらに散生しているところもある。花柄等ではやや粉っぽく見える程度に微毛がやや顕著だが、ヒヨドリバナほどではない。
茎は結構太く丈夫。
茎には皮目のような明るいベージュの縦に長い披針形に表面を削ったようなものがある。
下部で顕著で、上部にはほとんど見られない。

果実の様子

フジバカマ 痩果 冠毛のある痩果。
(右側に写っている花は赤紫が強いが、白いものが咲き進むとこうなるというわけではなく、気候によるもの。涼しくなってから咲く花は色が変わった。)


花確認:
2007(F9)(F10)
実確認:
2007(C10)

宮城県版のヒヨドリバナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。