まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オカウコギ

オカウコギ
ウコギ科
ウコギ属
Eleutherococcus spinosus (L.f.) S.Y.Hu var. japonicus (Franch. et Sav.) H.Ohba

※晩夏に見つけたため花がない仮記事。
ややしなだれる木本、長さは80cmから2m程度で、高さ50cmから1.5m程度。
ヤマウコギと比べやや暗い場所に生え、丈は基本的に低い
重鋸歯を伴う地を這った若いヤマウコギと見誤らないよう…。

全景の様子
オカウコギ 全景 葉が小さく丈も地面付近だが子株ではなく既に何年もある株。
基本的にいつまでもべたっと低い。
ちなみに、秋から冬にかけ葉が落ちると重みから開放されて枝が立っていたりする。

葉の様子
オカウコギ 葉 オカウコギ 葉 オカウコギ 葉裏 葉はごわごわして表面にはやや前方に倒れかけた棘が若い葉以外にも目立つ
5小葉の掌状複葉で、各小葉は基部はくさび形で各幅は広く倒卵形状、 縁は基本的に重鋸歯で、鋸歯とは言えないレベルの割と深い切れ込みも先端側に1対あるものが多い。
ヤマウコギも若い葉等一部に重鋸歯のものが見られるが、こちらでは基本形が重鋸歯。
葉裏では、主脈と側脈に疎らに真っ直ぐな棘がある。
主脈からの側脈の分かれ目の薄膜状に浮いた部分はヤマウコギ同様存在する。育った葉ではポケット状に破れている。

葉柄の様子
オカウコギ 葉柄 大きな特徴として、葉柄の中途に棘がある。うまい具合に離れて葉柄を等分したように3本程度生えている。
ヤマウコギの方はまったくないか、ある場合葉身基部との境に数本まとまって生える。

幹と枝の茎の様子
オカウコギ 枝全景 茎は若いと緑褐色で段々褐色になる。ベージュの縦長の皮目が密にあり、やや平たい太い真っ直ぐでわずかに下向きの赤褐色の棘が生える。
葉は互生するが、古い部分や幹ではよく束生している。

オカウコギ 幹 オカウコギ 枝

冬芽の様子

オカウコギ 冬芽と棘 オカウコギ 冬芽の拡大 棘の上にちょんと乗っていてかわいらしい。


花確認:
実確認:

宮城県版のウコギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。