まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ラッカセイ

ラッカセイ 全景
マメ科
ラッカセイ属
Arachis hypogaea L.

さすが千葉。ピーナッツ。ナンキンマメ。
花の幅は1cm程度、葉や茎の陰で目立たないように咲いている。草丈は25cmから30cm程度。
遊んでいる土地が時間制駐車場になった際に縁に土止めに土嚢が積まれたのだが、そこに生えている(た。除草剤で最近枯れた)。
下の「え?」から判断すると、この株は、どこかからきた豆が芽生えたのではなく土嚢袋に詰めた土がラッカセイ畑の土か何かで豆だらけだったのかもしれない。

花の拡大・後ろ・横の様子
ラッカセイ 花 ラッカセイ 花 ラッカセイ 花 花柄は長く3cmから5cm程度。
一花ずつつく。

葉と小葉・小葉柄の様子
ラッカセイ 葉 ラッカセイ 小葉 ラッカセイ 小葉柄 偶数羽状複葉で小葉は4枚、各小葉は無柄に見えるが、よく見ると微かに、ぷくっと膨れて葉とは色もきちんと異なる柄がある。
葉は縁に白い毛が目立つ。

茎と托葉
ラッカセイ 茎・托葉 托葉は異様に細長い三角状で大きくくねくねして、茎を隠す。縁は半透明膜質。
茎にも白い軟毛が密生。

「え?」
ラッカセイ 最初、潜らずに実になったのかと思ってしまったが、 どうも花柄や枯れた花弁の様子から、そんな古いわけではない。
それに引き換え殻はどう見ても古いし、熟した際の大きさ。しかも裂けている。
同じ土にあった古い殻に花後地中に潜った子房部分が挟まり、何かの拍子に拾ったまままた地上に上がってしまったのだろうか。
これがふたつも同じ株にあって、不自然。


花確認:
2007(F8)
2012(F8)

宮城県版のラッカセイ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。