まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ムラサキツメクサ

ムラサキツメクサ 花
マメ科
シャジクソウ属
Trifolium pratense L.

またはアカツメクサとも。
花序は2.5cmから3cm程度。草丈は20cmから50cm程度。
茎は基部で大量に分枝し放射状に湾曲斜上する。地を這って長い花柄だけ立てるシロツメクサとはだいぶ印象が異なる。
葉も茎もしっとり毛深い。
茎の上部で葉腋から短い花柄を出し、卵球体かやや縦に潰した饅頭型の大きなかたまった花序をひとつつけ、葉は上部に行くほど段々小さくなり葉柄も短くなり、花のすぐ下では苞葉(総苞葉)になるのかほぼ無柄で対生する模様。
托葉の黒い筋が目立つ。

純白のものはセッカツメクサと呼ばれる。エリア内でも実物を確認したが、記事は宮城県版の【●セッカツメクサ】を参照。

全景と花序周辺と花の拡大

ムラサキツメクサ 全景 ムラサキツメクサ 花序周辺 ムラサキツメクサ 花の拡大 ムラサキツメクサ 花の拡大
対生(ほぼ対生?)する苞葉が目立つ。
毬のような花序をよく見ると、小さいもののちゃんとマメの花なのが分かる。

葉の様子

ムラサキツメクサ 四つ葉 ムラサキツメクサ 五つ葉 3出複葉。
小葉は狭卵形で模様はちょうど中央を中心にでき、V字等ではなく葉形と同様。
…サンプルは四つ葉と五つ葉。

托葉の様子

ムラサキツメクサ 托葉 ムラサキツメクサ 総苞葉托葉 ムラサキツメクサ 総苞葉托葉 左は互生部分の普通の葉の托葉、中央と右は対生する総苞葉の托葉。白から白緑の身で赤黒い脈になる独特で目立つ托葉卵形を二つに割ったようなものが葉柄の両側にひとつずつ融合していて先端1/3から1/4程度だけが離れている。じっと見ていると何だか不思議で面白い。
総苞葉では両方から囲むようになり更に面白い。

果実期の様子

ムラサキツメクサ 果実期の花序 ムラサキツメクサ 果実 果実期にはっきりした赤茶色(鉄が錆びたような色)の花弁と褐色で毛だらけの萼が宿存し、花序は長楕円状に縦に少し伸びるが卵体程度。
赤茶色の奥に、尖った萼とそこに生える長毛でもしゃもしゃした感じ。

果実と種子の様子

ムラサキツメクサ 果実 ムラサキツメクサ 種子 ムラサキツメクサ 種子の中身 花弁と萼をはがすと、半透明の薄膜状の果皮の果実が出てくる。扁平な倒卵形。
種子はひとつしか入っていない。
膜をはがすと上の方にリング状の突起ができたものが出てきて、更に膜(種皮かな?)をはがすと1mm程度の小さな胚芽がある扁平な倒卵形の2.5mm程度の中身が出てくる。ルーペを持たずに出かけた際に撮ったので途中から拡大なしの画像…。


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2007(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2009(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2012(F8)
実確認:
2008(C5)(C6)(C7)(C8)(C9)
2009(C8)(C9)
2012(C8)

宮城県版のシャジクソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。