まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

メハジキ

メハジキ 全景
シソ科
メハジキ属
Leonurus japonicus Houtt.

花は幅7mmから8mm程度、長さは8mmから9mm程度、草丈は50cmから1m程度。
かなり背丈がある。
花序は葉腋ごとに輪生し花数も多く、全体の花序数もかなり多い。
細い葉がぴょんぴょん飛び出ている姿は異様で、大型なので、草体は目立つが、花は色が鮮やかなのにも関わらず割と目立たない。

花序と花の拡大

メハジキ 花序 メハジキ 花 メハジキ 花 花は唇形で、バランスは上下左右ではなく上唇と下唇に強く分かれ、下唇は3裂している。

上唇は卵形でドーム状にシベに被さり帽子のよう。
下唇には基部から先端に向けて7本程度の濃い赤紫の条の染まりがあり、目立つ。
向き的に通常見えないが、上唇の内側も濃い赤い紫の条がある。
どら焼きのような葯が上唇内側にくっついて上に見える。
花冠は外側が短毛で毛深い。
下唇の中央裂片は先端が左右に張り出した形状で、左右の羽部分は垂れていて、模様も条の延長ではなくやや複雑で目立つ。

下部から中部の葉と上部の葉の様子

メハジキ 下部と中部の葉 メハジキ 上部の葉 葉はかなり細く上部では線形、中部から下部では羽状に深裂している。
かなり長く、7cmから10cm程度ある。
表面は脈の窪みがきりっとしている上深く、彫りが深い。
(主脈・側脈のみでなく細脈も深い。)
線形の十字対生部分は何となく人工的というか不自然に見える。

茎は単純な4稜と4面による角柱ではなく、極端に言えば赤十字マークのような断面の12面で構成されている。

花後の萼と分果の様子

メハジキ 果実 花後も萼は斜め上を向いたまま茶色くなり、中の4分果が上から見える。
分果が黒熟し穴に見えるので何となく蜂の巣のよう。
萼は5深裂し裂片は鋭く細く、上・下・下・左・右のバランス。
下に長いものが2本あるのでつんと目立つ。

分果は十字の切れ目で4つになっているが、濃く熟したものも切れ目部分がそのままの形状で、 球や楕円にならない。接している部分は平らなまま


花確認:
2007(F9)
実確認:
2007(C9)

宮城県版のメハジキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。