まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マメアサガオ

マメアサガオ 遠景
ヒルガオ科
サツマイモ属
Ipomoea lacunosa L.

花は径1.5mmから1.8mm程度、つる性で長さは2mから5m程度。
荒地でもかなりかたまって大繁茂して晩秋には果実の絨毯ができる。(花数自体はそれほどでもなく1花序あたり1から3花程度が普通でかつ同時に咲くものが少なく、ややまばらに見える。)
花冠はほとんど真っ白だが、ベニバナマメアサガオ(ページ下部資料参照)もあり、花冠の色でホシアサガオかマメアサガオかと区別できるものではない。
(また、ホシアサガオにも白いものがある模様。)
茎は赤紫で葉は黄緑が基本だが、特に荒れ地で徐々に濃く彩度の低い赤紫や黒に染まるものが多い。
早朝から開花する。

全景の様子

マメアサガオ 全景 マメアサガオ 全景・花 マメアサガオ 全景・花
ひとつひとつの花が小さめなため、星を散らしたような感じで、きれい。

花の様子・萼の様子

マメアサガオ 花 マメアサガオ 花 マメアサガオ 花横から・萼 花冠にはきれいに折り目があって面白い。
午前中早いうち程度までは裂片がくっついて「アサガオとかの仲間と言ったら…」な漏斗型に見える。ただしはっきり角がある五角形(凹む側もあるので10角だが。)。
昼前あたりには裂けて裂片同士がはっきり離れるくらいに展開し、一見別の花のようになる。
萼の縁には白軟毛の開出毛がまばらに生える。
白い普通のマメアサガオでも、折り目部分に色素が集中していてその部分だけやや赤紫になっているものが多い。

マメアサガオ 花のシベ 葯は濃い目の赤紫で、ホシアサガオとの区別点の一つ。
※花粉自体は白いので注意。

通常の葉と葉裏の様子

マメアサガオ 葉表 マメアサガオ 葉裏 葉は全体のシルエットがハート形に近いものが多い。広さは広卵形レベルで、先端はつまんだように細く尖っている。基部は心形や耳形で、やや角ばって角丸四角状のものも多い。
表面は脈が浮き上がり、各場所でそれぞれの前方に向けてやや伏した短毛がまばらに生えている。脈上にはやや多い。
つやがなく、湿った紙のような感じ。
葉裏はやや白く、主脈・側脈・細脈上に目立つ立った短毛が生える。

まだ若い葉と黒変した葉・ツノのある葉

マメアサガオ 若い葉 マメアサガオ 黒い葉 マメアサガオ ツノのある葉
縁はきれいな全縁が基本だが、大きく育った葉ではつんつんつの状に数箇所(片側1から3程度)突き出ているものも多く見られる。

3裂したタイプの葉の様子

マメアサガオ 3裂の葉 このような葉にもなる。

茎の様子

マメアサガオ 茎 茎には白い開出毛が目立つ。

花柄と小花柄の様子

マメアサガオ 小花柄いぼ状突起 マメアサガオ 花柄いぼ状突起 萼のすぐ下(小花柄)には、いぼ状の突起が密に並ぶ。(ホシアサガオではまばらでそれほど強くない。)
花柄にもややまばらだが存在。

果実の様子

マメアサガオ 果実1 マメアサガオ 果実2 マメアサガオ 果実3
果実は潰れて饅頭型表面は長いやや縮れた白軟毛が生えて目立つ

ベニバナマメアサガオの全景

ベニバナマメアサガオ 全景 ベニバナマメアサガオ 全景
ベニバナマメアサガオ(Ipomoea lacunosa L. f. purpurata Fernald)の群落も確認。
周辺では群落は一箇所だけだがかなり多数生えていて、この場所はマメアサガオとの混生群落。

ベニバナマメアサガオの花の様子

ベニバナマメアサガオ 花 ベニバナマメアサガオ 花 ベニバナマメアサガオ 花のシベ
もちろん葯は紫で果実はお饅頭型、花柄のいぼ状突起も密にあり、葉も同じ。花冠の色のみが異なる。

ベニバナマメアサガオの果実の様子

ベニバナマメアサガオ 果実

花確認:
2007(F9)(F10)(F11)
2008(F8)(F9)
2009(F9)
実確認:
2007(C1)(C2)(C9)(C10)(C11)
2009(C9)(C10)

宮城県版のサツマイモ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。