まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツリフネソウ

ツリフネソウ 全景
ツリフネソウ科
ツリフネソウ属
Impatiens textorii Miq.

花は長さ3.5cmから4cm程度、幅2cm程度。
草丈は40cmから60cm程度。
ほぼ総状の花序で、尻尾が渦を巻いたフグ的な妙な形状で異様に鮮やかな赤紫の花を、口を上からやや上に向けて咲かせる。
葉や茎は濃い緑。

花の様子(咲き始め・花横から・花上から)

ツリフネソウ 蕾 ツリフネソウ 花 ツリフネソウ 花 歪んで前に向かう黄緑で卵形の2枚の萼が左右に分かれている。バキュームフォームのようなエッジのない膨らみがあり、面白い。
小花柄は真横より少し上向きに伸びて先端側でやや垂れ、花はその先端に口側を上に向けてつく。
色も色、模様も模様だが、咲き方でも自己主張の強い花だと思う。
小花柄・メシベの着き方と、花時期の花の向きから言えば、 距は後ろではなく下と言うべきものだろう。
花は距がよく伸びて全体として円錐に近い。
距は茎から見て外方向に強く渦巻状に巻く。
口側は、上は裂片がひとつで弱めに2裂、下側は単純に筒の延長が伸びているわけではなくもっと複雑。より大きなものでふたつになっている。
上下の間に小さな細長い裂片があり、イカの足状にS字を描く。(先端側が外向き。)
花冠は側面を見ると真横に黄色が走りその上側が赤紫、下側は白い。
濃い赤紫の斑点が大量にある。
披針形で先端がやや丸く厚みがある苞がある。
花序軸の、花の始まるだいぶ下の方には赤い硬いつやのある毛がある。

葉と茎の様子

ツリフネソウ 葉 ツリフネソウ 茎 葉は6cmから9cm程度で、楕円形から卵形、基部はくさび形で、縁は整った強い鋸歯が密にある。葉柄は長め。
葉は互生し、茎は節毎に弱めにつづらおり状、茎は葉腋の真上に赤紫の染まりが縦に伸びその部分だけ赤い硬い毛がある。
茎にしろ花序軸にしろ、何で一部だけやたら生やすのか…。
この部分的な毛以外は無毛で強い光沢がある。

果実の様子・拡大

ツリフネソウ 果序 ツリフネソウ 果実 果実の時期には花序軸は真っ直ぐに近いが、花の時期には弱目の九十九折状。
果実は極めてつやが強い。
二段か三段の膨らみがあり(通常二段)、先端は一旦鋭く尖り、その先で、宿存した柱頭だろうか更に鋭く尖って突き出ている。
小花柄に対してほぼ真っ直ぐになる。


花確認:
2007(F9)(F10)
2008(F9)
実確認:
2007(C9)(C10)

宮城県版のツリフネソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。