まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤブマメ

ヤブマメ トップ
マメ科
ヤブマメ属
Amphicarpaea bracteata (L.) Fernald subsp. edgeworthii (Benth.) H.Ohashi var. japonica (Oliv.) H.Ohashi

花は長さ1.8cmから2cm程度、幅7mm程度、つる性で2mから数m。
都市部でも鉄道沿線のフェンス等に絡んでいるものが見られる。林縁や藪の縁でぶら下がるものが多く、花もぶら下がるため見やすくてありがたい。
先だけが斜めに立つ細長い花を少数だけやや下向きにつけてぶら下がる総状花序で、丸っこい菱状卵形の小葉の葉。
葉の全体的な雰囲気(質感、大きさ含め)はトキリマメやヤブツルアズキあたりに通じるものがある。
丸っこい小さめの葉を持つ仲間はちょこちょこあるが、どれもかわいらしい葉だなと思う。
花は旗弁の先端側半分程度がかなりしっかり濃い紫で、やや青紫系。滲みは少なくはっきり白い部分と分かれているものが多い。
それにしても、マメの中で特徴の少ない果実だなと感じてしまう。(好きだが。)
かなり勢いよく種子を飛ばすため、実が熟す時期にこれの蔓延るフェンスにはあまり無闇に近づかない方がよい。(特に眼に気をつけること。)
各部に褐色の毛が密生する。

姿の似たものの中では苞が線形ではなく丸っこく目立つのが特徴の一つとは言える。小さいが。

全景の様子

ヤブマメ 全景 ヤブマメ 全景 ヤブマメ 地べたの全景 左や中の写真のような姿を見ることが多いが、何も必ずぶら下がるものではなく右のように林縁で地べたを覆い尽くす場合もある。
葉が密集するため、この下は真っ暗。

花の様子

ヤブマメ 花 ヤブマメ 花の横顔と苞 ヤブマメ 花
ヤブマメ 花 総状に数花(5花程度)かたまってつけ、花は細長い。花序軸は短めでやや密集する場合が多い。 大抵花序はややぶら下がるが、花自体は少し持ち上がって斜めになっているので、ハの字がいくつかかたまっているような姿。
小花柄には短毛が密生すぐが他の部分と比べだいぶ短いので目立たない。
萼は多少偏平な円筒形で白っぽい薄い黄緑だがすぐ紫系に染まりが出るものが多い。花全体の半分近くまでの長さ。
萼片ははっきりつまんだように尖って目立つ。表面に斜上する長軟毛が密生。
旗弁は大部分が白で、やや筒状に他を抑えつけて左右だけ斜めにくるりと立ち上がる。この部分だけ見ると卵形に切れ込みがあるような形状。丸くなる部分を中心にかなり濃い紫に染まっている。
側弁は前に突き出るが先端で曲がって互いに触れるように竜骨弁を守るようになっている。竜骨弁はしっかり閉じている。側弁と竜骨弁はともに先端側だけ薄く染まる。
各花の小花柄基部には、卵形の苞がある。似たような形態の花では葉が太くても苞が線形のものばかりなので、この苞は特徴と言えば特徴と言える。

葉と葉裏、茎の様子

ヤブマメ 葉 ヤブマメ 葉 ヤブマメ 尖りが目立つシルエットの葉
ヤブマメ 葉裏 ヤブマメ 茎と托葉 葉は三出複葉で、小葉はやや菱状ででっぷりした卵形から広卵形、途中がわずかに括れおたふくっぽい。1小葉の長さ2cmから3cm程度のものが多く、先端を含め縁の丸みがかわいい。脈に向けてのぼこぼこした感じが目立つ、立体感の強い葉面。先端は角(かど)はあるがあまり尖る印象はなく、どちらかといえば丸く見える場合が多い。三枚目のように少し尖りが目立つものもある。(といっても写真では大差が出ないので分かりづらい。)
表面には伏した白っぽい短毛(毛が白っぽいのは基本的にここだけ)がまばらに生え、縁や葉裏の脈上には褐色の開出毛が生える。
茎と葉柄にはやや下向きになるほぼ開出した褐色の長軟毛が密生、目立つ。
托葉は卵形で上に伏している。

果実の様子

ヤブマメ 花後から若い果実 ヤブマメ 果実 ヤブマメ 果実
ヤブマメ 果実 ヤブマメ 果実 薄っぺらいまま広くなって段々膨らんでくる。最終的にやや偏平な莢。長さ2.5cmから3cm程度。(莢断面はレンズ形程度。)
花序の花数から比して、実になれるのは2程度なので少ない方と言える。
縁部分には褐色から黒褐色の0.5mm程度の斜上する毛が密生するが、面部分には張り付き気味の毛が少なめに生える(また、色も少しだけ薄い。)。
茶色い毛を枝豆で見慣れているせいか、毛は多いがなんだか美味しそうに見えてしまう。
種子のでこぼこはやや分かる程度。

皮が割け種子を飛ばした果実とその種子の様子

ヤブマメ 爆ぜた果実 ヤブマメ  種子の拡大 熟して乾燥すると左右に割けて捩れながらかなり勢いよく種子を飛ばす。音もかなり鳴る。
種子は灰黄色の地に濃灰と黒の模様が密で、球形ではなく小豆形
種子は三つあるが、裂けた衝撃で全てが飛ぶことはあまりないようで、ひとつかふたつが残る。


花確認:
2007(F9)(F10)(F11)
2008(F9)
2009(F10)
2011(F9)(F10)
実確認:
2007(C9)(C10)(C11)
2008(C10)(C11)
2009(C10)
2011(C10)

宮城県版のヤブマメ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。