まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノダケ

ノダケ 全景
セリ科
シシウド属
Angelica decursiva (Miq.) Franch. et Sav.

花は2mmから2.5mm程度と小さく、草丈は80cmから1.5m程度。
直立性が高く丈もあるのと花序下の小型になった葉の葉鞘の姿がかなり独特で、結構異様な姿。咲いている時期はよいが、咲く前の時期は林の中で見るとかなり怖い。
濃紫のセリ科は周辺で他には見られないので特徴的で目立つ。
なお、図鑑的には、白い花の個体もある。
果実は…香辛料方面の独特の香り。まぁセリ科には香辛料は多いので…。

ちょっとだけ珍しいもの

ノダケ 全景 ※この写真は宮城県で確認したもの。
色々事情もあるだろうが白い花の花序と濃赤紫の花の花序がある個体。ノダケには白い花と紫の花とがあるのだが、宮城での観察エリアでも千葉でのエリアでも私が見る範囲のものはみな紫で、白があるだけで珍しいのだが更に花序で色が異なるので珍しくて撮った。ただしとりあえずで撮っただけなので手ぶれしてるはこれ以上持ってないはで資料としては散々といえる。
よく見えないので解説しておくと、白い方はもう花後で花弁もくしゃくしゃ。ようは、下のセクションの中央から右にかけてという状態。
経過で白くなったわけではない(下のセクションを見て分かる通り、紫のものは花後の縮れた花弁も紫というか更に濃くなる。)。
濃い紫の方がツートンっぽく見えるかもしれないが白いのは花弁の隙間に筋状に見えるオシベ花糸。

花の変化

ノダケ 花初期(雄性期) ノダケ 花中期(雄性後期) ノダケ 花後期(雌性期)
花は雄性から雌性へ移行するので変化を見るのも面白い。
オシベは5本・花弁はやや内に巻き気味のものが5枚。よく4本・4枚のものも混じる。くしゃっとした蕾時期は、花弁から丁度ずれた位置になるオシベの花糸が脇から弧を描いて覗いているが葯はまだ中央に沈んでいる。展開すると中央部は長方形状で外の二角は窪んでいる薄い盤がふたつ隣り合っていて、オシベは外に並んでいる。盤の中央には2本の花柱となる薄緑のぽっちがある。この盤は薄い生成り色からヤマブキ色に変わり蜜が溢れてくる。この鮮やかな時期に見るとセリ科にあってかなり派手だと思う。徐々に色が濃くなり赤紫になり、蜜が徐々になくなってかさかさした感じになり、赤紫の時期には中央部の薄緑の2本の花柱が薄い灰紫色になりつつ伸びてきて、下位の子房と同程度に伸びてV字状になる。(※この盤は開花段階から赤紫の花も個体内にある。)
よく見ると分かるが、複散形花序の小花序側にも総苞(セリ科では種類毎にあるものやないものがあるので重要な点の一つである、「小総苞」)が見られる。

花序と茎の様子・葉鞘の様子・花序下の葉鞘の様子

ノダケ 花序 ノダケ 茎 ノダケ 茎
小花序がきれいな毬状の集散花序。
花柄は少し下に向いた毛が密生するが、小花柄にはあまり毛がない。
茎はつるつるしている。
下部から中部の葉鞘は見た目も長方形の翼が対になって葉柄の下部に合着しているだけなのだが、花序下の節にあるものは長楕円体の袋というか舟のようになっていてちょっと不気味。先端には申し訳程度に残った程度というかとってつけた程度の小さなくしゃっとした形態の葉身がある。

葉の様子

ノダケ 葉 下部の葉は3出複葉でそれぞれの小葉は羽状で軸は露出していないで葉肉がひれ状にずっとある。濃緑で、ややつやがある。
鋸歯は細かく強い。まさに「鋸」といった体。

果実期の様子

ノダケ 果実 6mm程度の広い角丸四角状の薄い痩果で、やや反っている。
種子の入っている本体部分で縦の鋭い3畝がフィンのように薄く突き出していてその間はやや黒っぽい。
左右の縁はかなり広い翼のようになり本体より幅があり、縦も本体を追い抜いて心形になっている。
これだけ落ちていてもかなり特徴的なのでこの仲間であることはすぐに分かる。


花確認:
2007(F9)
2008(F9)
実確認:
2007(C12)
2009(C12)
2010(C1)

宮城県版のシシウド属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。