まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

クワクサ

クワクサ 全景
クワ科
クワクサ属
Fatoua villosa (Thunb.) Nakai

花は1mmから1.5mm程度と小さく花弁もない。草丈は15cmから30cm程度が多く、這い性の強い個体もあるが何とか立っているものが全体的に多い。
長いものの全長では50cmを越える場合もある。
基本的に全体が地味なのだが、萼や葉柄や茎が夏の終わりあたりからは緑ではなく渋赤紫になるものが増えやや目立つ。
葉は互生で、節(葉腋)毎に茎に角度がつく弱いつづらおり状

全景の様子

クワクサ 全景 よく分枝して放射状に這い、先端が斜上しているもの。
(※植栽ではない。こういう砂利の、駐車場入口。…。)

花序の様子

クワクサ 花序 クワクサ 花序 クワクサ 花序 葉腋にひとつかふたつの密集した花序をつける。
二つの場合は大きい花序と小さい花序がある。ひとつだけの場合と大きい方とでは、花柄は0.8mmから1cmでわりと長く、その先に球形にまとまった花序を作る。
雄花と雌花があるが、雄花花序と雌花花序に分かれたりせず同一花序に混じってつく。
中央の写真の目立つ花糸のある純白の葯が見えているものは雄花。右の写真でヒゲの生えた半透明の長いものはメシベで、雌花。
花弁はなく、4枚の萼の内側の黄色いものは子房、左上の方に見えるのはそろそろ熟しかけたもの。
萼の表面は開出毛が密生。

クワクサ 雌花 クワクサ 雄花 クワクサ 雄花 クワクサ 雄花
もうちょっとだけ拡大したものを追加。
左が雌花の見えているもの、他は雄花の見えているもの。
メシベは花柱全体に開出毛(微毛なので肉眼ではよく分からない)が密生する。
オシベの花糸は強く湾曲していた際の段々の皺が目立つ。
花粉も葯嚢も白。

葉の様子

クワクサ 葉 クワクサ 葉 葉柄は長く顕著で斜上し、葉身基部との接合で急に曲がり葉はやや下方に向く。
葉は卵形から長卵形で基部がはっきりした切形。鋸歯は顕著で各辺が丸っこい。先端そのものは一応角になっている。
3cmから4cm程度の長さのものが多いが、時折見かける巨大な株では10cm近いものもある。
表面は毛がかなりまばらに散生(若い時期には多い)、じきに毛が落ちるのか点状突起となる。
縁には表面よりやや多め、裏面は脈上に目立つ。
葉脈は目立つ。
葉柄や茎には開出毛が密生。


花確認:
2007(F9)(F10)
2008(F8)(F9)(F10)
実確認:
2007(C9)(C10)
2008(C9)(C10)

宮城県版のクワクサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。