まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コウヤボウキ

Pertya scandens (Thunb.) Sch.Bip.

花は頭花の径で1.5cmから1.8cm程度、カシワバハグマより一回り小さく、総苞が少し短いせいかやや丸っこい。しっかり木質の枝がしだれたり這ったりしているため丈は低く20cmから30cm程度だが、長さ1mから1.5m程度でふわっと拡がっている。放射状に主茎から枝を真横に開出して出し、よく幅をとる
全体に褐色の伏毛が生え毛深い。
一旦分枝した各枝はほとんど一本でひょろひょろ長く伸び、それ以上分枝していないものも多い。葉はややまばらで、きれいな太身の卵形でかわいらしい。
丈は低いがしっかりした木本。
なお、赤みの強い個体では、冠毛までさくらでんぶのような鮮やかなピンクをしている。

全体の様子

コウヤボウキ 周囲の様子 コウヤボウキ 全景
コウヤボウキ 林縁で崖部になった部分の個体 明るい場所では枝数が極端に多くなり花数が多くなっている。崖から枝垂れるものは壮観。

コウヤボウキ 全景 コウヤボウキ 全景
薄暗い林の中でも邪魔が少なければちゃんと育っている。様子はちょっと寂しい。完全な藪の中にはあまりない。

花序付近と頭花の様子

コウヤボウキ 全景 よく分かれる枝先に多くはひとつたまにふたつセットで頭花を付ける。各頭花では小花が10から15程度と少なめだが、印象としては結構賑やか。

コウヤボウキ 花 コウヤボウキ 花 コウヤボウキ 外側が開花
コウヤボウキ 頭花 コウヤボウキ 頭花 コウヤボウキ ひとつの筒状花
小花は筒状花とも舌状花とも言いたくなる中間的な形態。裂片は深く5裂するが、全片が同じようには裂けず頭花の外側に位置する裂片はやや浅く中心側の切れ込みが特に深いため、歯車よりは手のひらのようになる。先端付近ばかりが強く渦巻状にカールする
小花数がやや少なくすっきりしているためただでさえ長くて目立つ冠毛が更によく見える。冠毛は褐色から赤紫。
総苞は卵体で、各総苞片は狭卵形。片の縁はベージュっぽい。
コウヤボウキ シベの拡大 コウヤボウキ シベの拡大 コウヤボウキ シベの拡大 コウヤボウキ シベの拡大
シベが花冠よりずっと長く突き出していて、オシベの、合着していない花糸の部分も普通に見える。筒状に合着した葯はカシワバハグマのように濃い目の褐色ではなく、赤みのある色。その中央から突き出るメシベは白いが、先端が赤紫に染まったりする。先が棍棒状で花粉を押し出してしばらくしてから2本に分かれる。花粉の色は薄く、生成よりやや色味がある程度。ぱっと見では何となく白っぽく見える。

頭花内の各蕾

コウヤボウキ 各蕾 この頭花内の各花はまだ咲いてすらいないが非常に長い褐色で目立つ冠毛が突き出ている
総苞片は薄く平たい感じ。縁は褐色に色づく。段数は3か4程度。

葉の様子

コウヤボウキ 葉 コウヤボウキ 葉 コウヤボウキ 葉縁 ややまばらに、ふたつセット気味にリズムを持った感じに互生し、若い枝先では一方に偏ってついている部分もある。
葉は3cmから3.5cm程度の小さな卵形で、先端は多くは尖る。時折、丸いものもある。葉柄は一見ほとんどなく、直接ついているように見える。横から見ると分かるが、実際には茎に沿って葉柄が上に伸びて急に葉身基部でくねっと曲がって枝から離れるため無柄に見えている。表面は伏した褐色の毛がよく生え、かさかさした感じ。縁は全縁に近く棘状の小突起が数対だけつく。縁にも毛が生える。
基部からの3脈が最も目立つ。

葉裏の様子

コウヤボウキ 葉裏 葉裏も伏した毛が多く、脈上では特に目立つ。

茎の様子

コウヤボウキ 茎 茎には下向きに伏した褐色の長毛がよく生え、網目状に取り巻いて見える。

果実期・痩果の様子

コウヤボウキ 冠毛が伸びてきた段階 コウヤボウキ 総苞が展開・冠毛も展開 コウヤボウキ 痩果拡大 痩果は長さ3mm程度。表面には上向きの銀色の毛が密生

更に進んで

コウヤボウキ 痩果 コウヤボウキ 痩果拡大 コウヤボウキ 冬芽 葉も枯れ落ち枯れ枝様になった頃には頭状の綿毛たちはきれいに展開し、花序の枝は弓なりもしくは枝から垂直にそのまま、上向き気味になる。
盛期には葉の重みでしなっているのか、それとも時期で性質自体が変わっているのかは不明。この時期は割と多くがこうなっている。
痩果の冠毛には羽状の毛がなくシンプル
右は冬芽の様子。1.5mmから2mm程度の小さな、毛の密生する白い芽をつけている。

冬芽の拡大・ほころんだ冬芽

コウヤボウキ 冬芽表側 コウヤボウキ 冬芽裏側 コウヤボウキ ほころんだ冬芽 表側と裏側。大きくなって、3mmから4mm程度になっている。右は、既に展開を始めた5mm程度のもの。


花確認:
2007(F10)(F11)
2008(F10)
2010(F10)(F11)
2011(F10)
実確認:
2007(C12)
2008(C1)

宮城県版のコウヤボウキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。