まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マルバアメリカアサガオ

マルバアメリカアサガオ 全景
ヒルガオ科
サツマイモ属
Ipomoea hederacea (L.) Jacq. var. integriuscula A.Gray

花は3.5cmから4cm程度、密にはつけない。つる性で2mから数m。
茎や萼が長軟毛でかなり毛深い。
咲き始めから咲き終わりまでの花色の変化は面白い。よく殖える。
やや寸詰まった広心形でかわいらしい葉でよく密集する。
鉄道沿線のフェンス等によく見られる。

全景

マルバアメリカアサガオ 全景 マルバアメリカアサガオ 全景 マルバアメリカアサガオ 全景
葉は茂ることが多いが花はまばらにぽつぽつ咲いて見える。実際には同時に咲いているのが少ない場合が多いだけで、それなりの数はある。

花の拡大

マルバアメリカアサガオ 花 マルバアメリカアサガオ 花 咲き始めはのっぺりした菫色というか、少しだけ赤味の入る空色・水色。色が薄いというより白を混ぜたからこういう色、という、透明感がない印象。
段々とくびれ部分からピンクがさしてきて、萎れる頃には完全に赤紫。
花柄はかなり短い。いきなりちょんと乗っている感じ。
萼の下にやや厚手な線状披針形の苞がある。
※花の時期の写真にまともなものがなかったので、見やすい下の果実期セクションのものを参考にして欲しい。萼の下、少し置いて突き出ているのが分かる。

葉の様子

マルバアメリカアサガオ 葉 広心形で、先端側はあまりつまんだような感じにならないものが多い。表面にはまばらに短毛が生える。脈は目立つ。
5cm程度のものが多いが、たまに大きくなり10cm程度になる。

若い果実

マルバアメリカアサガオ 若い果実 マルバアメリカアサガオ 若い果実 マルバアメリカアサガオ 若い果実 白い開出毛が目立つ萼。 各萼片は厚手で、卵形状に結構太い
先端は細く延び左右が内側に巻いている。段々顕著に展開する。

熟す頃の果実

マルバアメリカアサガオ 熟す頃の果実 縦方向にだいぶ潰れているので、お饅頭型。果皮はしばらくすると裂開する。


花確認:
2007(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2008(F8)
2009(F9)(F10)
2011(F9)(F10)
実確認:
2007(C9)(C10)(C11)
2008(C8)(C10)(C11)
2009(C10)
2012(C10)

宮城県版のサツマイモ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。