まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スズメノテッポウ

Alopecurus aequalis Sobol. var. amurensis (Kom.) Ohwi

花序は3cmから5cm程度、草丈は20cmから35cm程度。
セトガヤと簡単に区別するには葯の色…なのだが、スズメノテッポウも花粉放出後になるまでは白なので、開花後早すぎるとそれではわからない。なお、花序内の密度も異なり、セトガヤはやや粗めで雰囲気が異なる。
悍(茎)は粉を吹いたような白緑になっている。途中から出る葉は短く大抵横向きに倒れている。(上部では斜上。)

全景

スズメノテッポウ 全景 長い葉鞘の基部でくきっと弱く折れているのが面白い。

花序

スズメノテッポウ 花序 スズメノテッポウ 花序 スズメノテッポウ 花序 小穂の芒はセトガヤのように長くないため、ほとんど分からない。1mm程度。
左は分かりやすい時期、中央と右のものは開花後すぐで葯が白から薄いクリーム色。
花序の基部にはやや膜質で色の薄い苞葉が密着している。

葉と葉の基部

スズメノテッポウ 葉 スズメノテッポウ 葉舌 葉鞘と葉の境界部分に、黄色味のない膜質で極端に薄い葉舌が見える。
といっても、1mmから2mm程度が覗いているだけなので目立たないが。


花確認:
2006(F5)
2008(F4)(F5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。