まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アイノコセンダングサ

アイノコセンダングサ トップ
キク科
センダングサ属
(Bidens pilosa var. intermediaらしい)

頭花は径8mmから1cm程度、草丈は40cmから1.2m程度。
頭花周囲に5つ、白くて2倍程度ある筒状花があり、まれにその間にも黄色い筒状花と同程度のやや白い筒状花がいくつか見られるものもある。(ほとんどの場合、ないが。)
それ以外は黄色い整った筒状花だけのコセンダングサと各所よく似るというか差を見つけられない。
コセンダングサとコシロノセンダングサとの雑種と考えられているらしいが、個人的にはやや懐疑的。
周辺ではこの数年でこのタイプのコセンダングサ類が少し殖えてきた。
気候(特に夏の気温)的な影響が大きいかもしれないとかは思っているが、周辺でも、ない場所にはまったくないので、色々気になる。

全草の様子
アイノコセンダングサ 全草
頭花の様子
アイノコセンダングサ 頭花 白い筒状花はわりと目立つ。
総苞は白い開出毛が目立つ。

雑種な感じの強い個体
アイノコセンダングサ 頭花 アイノコセンダングサ 頭花 左右の写真は同株内の頭花。
外周の白花が浅い5裂の星型にならず舌状花のように見えるほど内2外3に大きく裂けたもの。
2と3に分かれたそれぞれの片は縁もぎざぎざ状にならずかなり平坦。
別の枝の頭花は、外周の白花が通常の(湾曲していびつだが)筒状花。

葉と茎の様子
アイノコセンダングサ 葉 アイノコセンダングサ 茎 葉は3小葉?5小葉、大抵は3小葉の羽状複葉状(実際に羽状複葉かどうかはよく分からないが)で、下部から中部まで対生、 葉も茎もアメリカセンダングサほどつるつるしていない。節部には白い毛が目立つ。


花確認:
2007(F9)(F10)(F11)
2008(F8)(F10)(F11)
2009(F9)(F10)
実確認:
2007(C11)
2008(C10)(C11)
2009(C9)(C10)

宮城県版のセンダングサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。