まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コブナグサ

コブナグサ トップ
イネ科
コブナグサ属
Arthraxon hispidus (Thunb.) Makino

花序は3cmから4cm程度、草丈は30cmから40cm程度。
湾曲斜上。細いがかなりしっかりした茎で、針金を思わせる。このためか途中からかなり真っ直ぐになる。
花序はわりと後まで展開せず、花期にはまだほとんどまとまっている。
果実期にやっとまともに展開する。
独特の葉と鞘で、かなり面白いが、草丈に比して葉も花序も小さく葉は下の方にたまり撮影は難しい。特にファインダーがなく液晶だけのうちのカメラではMFにしたところでピントが合っているかどうかも現場では分からない。
近辺では茎や穂は赤紫になるものが多い。

変異が異様に多い種らしい。
そのうち、芒のあり・なしでも分けられる説があるようだが、実際には芒のある小穂とない小穂は当然のように混じる。
被写体にしたこれらも、数個の小穂には芒があった。

全景の様子
コブナグサ 全景
花序・穂・小穂基部の突起の様子
コブナグサ 花序 コブナグサ 穂 コブナグサ 小穂基部の突起
穂の中の小穂は単純な互生状に見える。
ひとつの小穂の基部の、内側に、棘状の小突起が見られる。
これは残っている無柄型の小穂と対になるはずの有柄型の小穂が退化してわずかに残った柄と解釈されているらしい。
(棘の撮影は、10倍ルーペ接続で光学3倍ズーム×デジタル4倍ズームで行った。)
外花穎・内花穎には基部に突起を伴った斜め上に突き出た剛毛が列状に何列か生えている。
特に外花穎のものは目立つ。
写真には写っていないが葯は濃く渋い紫。
葉と葉鞘の様子
コブナグサ 葉 コブナグサ 葉鞘 独特なこの広めのかわいらしい葉(卵形)が名前の由来らしい。(鮒のように見えるとのことらしい。)
葉の縁は長く目立つ開出毛が生える。
葉鞘と、葉鞘の下の茎との境部分の膨らんだ部分には更に多量の開出毛が生える。
毛は柔らかい。
周辺では葉の縁にしか毛がないが、表にも毛が生える変種もある。

緑のものの花序の様子
コブナグサ 緑の花序 白緑のもの。
別の場所の群落はこの色。


花確認:
2007(F9)(F10)
2008(F10)
2009(F10)

宮城県版のコブナグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。