まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シラヤマギク

シラヤマギク トップ
キク科
シオン属
Aster scaber Thunb.

頭花は径1.6cmから2cm程度、たまに2.5cm程度。草丈は50cmから1.2m程度。
林の中に急に直立してぽんと生えている。
根生葉から数段の下の方の葉を見るだけですぐこれと判る。特徴的。
花つきはややまばらな上、舌状花の数も少なく5、6程度ばかりで、寂しい感じもする。ただ、色が色で丈もあるだけに遠くからすぐ気づく。
舌状花は特に多いものでも10程度。
蕾状態の筒状花と、開花後の筒状花のメシベが結構強く突き出していて目立つ。

千葉県での行動範囲では田舎以外には意図的に維持されているような場所くらいでしか見ていないが、宮城県での行動範囲ではどこの林でも大量にある雑草で、家のそばの普通の公園にも生えている。
また、宮城でのエリアでは舌状花が10花程度あるものがわりと多く見られる。

花序と頭花、総苞の様子

シラヤマギク 花序 シラヤマギク 花 シラヤマギク 花序 シラヤマギク 頭花
シラヤマギク 総苞・冠毛 筒状花は蕾から開花までカラシ色でシベがよく突き出した頃には蓬色なので全体に緑味が少しあるため地味さが強まる。
筒状花の先端裂片は強くくるくる巻いている。
総苞片は短めで先の鈍い狭い楕円形、段数も3段、数もまばら
舌状花の舌部分が総苞先端より随分上の方から始まる(=舌状花でも下部の筒が長い)。
冠毛は花期から長く筒状花の先端くらいまであり、その筒状花が突き出ているため冠毛もやはり結構目立つ。

葉と茎の様子

シラヤマギク 葉 シラヤマギク 葉 シラヤマギク 葉 やや粗めの鋸歯があり、表面は短毛が多くざらっとした感じ。
茎葉は長い葉柄を持ち、中部から上部では翼がある。卵形で基部は円形から切形

シラヤマギク 根生葉 根生葉は特に長いS字に湾曲した葉柄を持ちかなり大型、基部はフ キやオナ モミの仲間のように脈が縁に出ていて目立って三角状。
基部のサイドは後ろに丸く張り出す。
全景の写真を見て分かるとおり、下部の葉はかなり大きめで8cm程度ある。(根生葉は更に大きく15cm以上ある。)

シラヤマギク 茎 主茎はほとんど無毛でつるっとして見えるが、枝分かれした花序軸や花柄部分は粉っぽく短毛が生える。


シラヤマギク 中部の葉 シラヤマギク 中部の葉 シラヤマギク 中部の葉 シラヤマギク 中部の葉
こちらは同じ森にある同程度の草丈のものの同程度の高さにある位置の葉を見比べたもの。幅・基部・鋸歯とも、狭いエリアの中でかなり異なる。質感だけはどれも同じ。

果実期の様子

シラヤマギク 綿毛 シラヤマギク 綿毛 褐色の冠毛なのでやや汚く見える。
総苞が開き、痩果が放射状になる。

幼生期の様子

シラヤマギク 幼生期から育った様子 葉の質や形状に特徴があるのでわりと判断しやすいか。


花確認:
2007(F10)(F11)
2008(F8)
2012(F8)
実確認:
2007(C11)(C12)

宮城県版のシオン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。