まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シロヨメナ

シロヨメナ 全景・花
キク科 シオン属
123456789101112

Aster ageratoides Turcz. var. ageratoides

頭花は小さく径1.7cmから2.3cm程度、草丈は50cmから80cm程度。

この群落ではほとんどが林の中から林道側へくねくね伸びている。
最初、単に雑種由来でくねくねしているのか?とか思ったが、周辺を詳しく調べてみると、群落内でも少し光の通る方ではちゃんと直立していて、倒伏しているものは林の奥から獣道へ倒れている。
どうやら光を求めているというだけの模様。(※林道以外がかなり暗いタイプの林。)
しかも、葉の上面がうまく上を向くよう、各葉はそれぞれ捩れたり変なつき方をしている。
こういうものを見ると、日の少ない林の中で強く生きているというのを感じられる。
獣道にうまく張り出せた個体の花つきはかなりよくにぎやか(全景の1)。茎・葉の各所ほとんど無毛(一応生えてはいるのだが、肉眼では多くは分からない)。

全景の様子

シロヨメナ 全景 シロヨメナ 全景
ほとんど倒伏というか這っている感じ。右の写真は、奥(林の奥)から、光がやや多いこちら(林道)へ向けて伸びている。

頭花の「蕾」時期・総苞の様子

シロヨメナ 開き始め シロヨメナ 花開き始め横から拡大 総苞は小さい。径3mmから3.5mm程度、長さ6mm程度。
わずかに下膨れはするがほとんど太らないのでお椀等にならない。
狭卵形気味で先端が丸めの総苞片は、縁に白い短毛が生える。
開花を始める時点で冠毛はかなり長いので目立つ。

頭花の拡大

シロヨメナ 頭花 シロヨメナ 頭花横から 花は舌状花の薄緑のシベが結構高さもありバランス上サイズも大きく目立つ。
舌状花は少なめで10数個
筒状花も少なく6程度から10程度、筒状花部分の全体の径は3.5mmから4.5mm程度しかない。

葉の表・裏の様子

シロヨメナ 葉表 シロヨメナ 葉裏 鈍いものの少し光沢があり濃い緑で無骨で、薄いがなよなよした感じではない。
かなり上の方まで大きく形状もほとんど変わらず、花序のすぐ下数枚くらいしか、小さな葉はない。長さ8cmから13cm程度はあり、幅は太いもので4cm程度ある。
葉柄はないかほとんどない感じだが基部はかなり顕著に細くくさび形になる。ので、茎は抱かない。
脈は基部から出る3脈が特に強く、かなり目立つ。
縁は間隔の長いはっきりはするが外に開いてはいない鋸歯が片側4から5程度、多くても6程度だけある。
鋸歯先端は突起が出ている。

葉の表・裏の拡大

シロヨメナ 葉表拡大 シロヨメナ 葉裏拡大 葉の表面、裏面ともほとんど無毛に見えるのだが先端側から基部側に向けてさするとかすかに引っ掛かりがあるのでルーペで見てみると、 短毛というか微毛というかが生えていた。
また、葉縁には少しだけ短毛が多め。
裏面の主脈上にはやや長めで「短毛」と言えるレベルのやや伏した毛が少し目立って生えている。

茎の様子

シロヨメナ 茎 茎は縦に筋状に濃い薄いが色違いになりストライプ状。
ほとんど無毛で光沢があるが、よく見るとかなり疎らに上向きに鉤状になった伏した短毛が一応生えてはいる。
(花柄やその周辺の花序軸には粉っぽい白い短毛が少し目立つ。)

果実の様子

シロヨメナ 果実期 時期を外したため、2月撮影。完全に枯れてうなだれているが。
冠毛は5mmから6mm程度で、痩果部分は2mm程度。間に軸はない。

幼生期の様子

シロヨメナ 幼生期の根生葉 幼生期の根生葉の中でも、最初期に出てくる小さなものは広卵形から卵形、次の段階のものは卵形で、このあたりでいくつかで揃ってとりまくようになり、 その後に出てくる葉は長楕円。ただし、まだ基部はくさび形ではない。
葉に産毛のような毛がわりと多く生えて葉色も柔らかい感じで、葉柄も長いため、花期とはまったく異なる様子。
葉身部分で長さ3cm程度。
初冬には出てきて越冬する。


花確認:
2007(F10)(F11)(F12)
2008(F10)(F11)
実確認:
2007(C12)
2008(C1)(C2)

宮城県版のシオン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。