まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キシュウスズメノヒエ

キシュウスズメノヒエ 全景・花序
イネ科
スズメノヒエ属
Paspalum distichum L.

小穂は2.5mmから3mm程度、「総」は3cmから4cm程度、草丈は12cmから20cm程度。
この仲間としては丈が低い。
花序は、「総」がほとんどの場合2本で両方同じ位置から出て同じバランスで斜上しているのが特徴的。ただし、まれに3本あったりする。
全体に毛は少ない。葉基部と葉鞘に生える程度。

花序の様子(横・上・下(前))

キシュウスズメノヒエ 花横から キシュウスズメノヒエ 花上(内)から キシュウスズメノヒエ 花下(外)から 卵型の小穂は無毛でつるっとしている。オシベの葯は渋紫、メシベ柱頭(ブラシのようなもの)は濃い赤紫。
花糸は白く長い。
軸部分は平らに拡がっていて、上から見ると板状で縦に筋がある。裏から見ると、小穂の膨らんだ側が内向きに2列になっていて、互い違いにかみ合っている。

葉と基部の葉鞘の様子

キシュウスズメノヒエ 葉 キシュウスズメノヒエ 葉鞘 葉はそれほど長くなく、4cmから10cm程度。茎の各所から出る。基部は円形になり縁毛がまばら、葉鞘の合わせ目は毛が目立つ。


花確認:
2007(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F8)(F9)

宮城県版のスズメノヒエ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。