まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハルシャギク

ハルシャギク 全景
キク科
ハルシャギク属
Coreopsis tinctoria Nutt.

頭花は径3cmから3.5cm程度、草丈は80cmから1.2m程度。
周辺ではオオキンケイギクとともに各所に逸出して生えていたが、オオキンケイギクが刈られたりしてなくなった後、 急激に殖えた。
舌状花の染まりは特徴的。(キンケイギクのような丸い染まりではない。)
ただし、個体差というかやや不安定な感じがあり斑紋のまったくないものも当たり前に混生する。

頭花・総苞・頭花の「蕾」の様子
ハルシャギク 頭花 ハルシャギク 総苞 ハルシャギク 蕾
舌状花の基部側が特徴的にべったり染まるが、同じ群落には、まったくなく黄色いものもあるし、逆に黄色い部分がないものもある。
中央部の筒状花はすべてチョコレート色。
突き出たシベは黄色い。
舌状花の舌が大きく三裂した広倒卵形なため(※長さより幅の方がある)に頭花はぎやかに見えるが、実際の枚数は少ない。
頭花の柄はかなり長く斜上している。
葉と茎の様子
ハルシャギク 葉 葉は対生。2回羽状深裂し各裂片は細身、先端の方がやや太く一応ヘラ形、先端は丸い。
光沢がある。
また、1回目の裂片はかなりきれいに対称になる。


花確認:
2007(F6)(F10)
2008(F6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。