まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤマハッカ

ヤマハッカ トップ
シソ科
ヤマハッカ属
Plectranthus inflexus (Thunb.) Vahl ex Benth.

花は幅5mmから6mm程度、長さ(萼を含め)1cmから1.3cm程度で長細く、下唇左右が持ち上がって独特の花形をしている。
草丈は40cmから80cm程度、たまに1.2m程度で、多少下部が這う傾向があるが先端は斜上から直立。
対生する葉腋に花序軸を斜上して出し先端で散形に花をつけている。やや一方に偏りがある。
小花柄は萼長とほぼ同長。
花は真横からやや下向きに張り出て咲いている。
葉や萼は秋遅くなると鈍い赤紫に染まる。また、枯れていく際には明るい黄色になることが多い。

日のよく照りつける草藪から林縁までに見られるが、林縁に多い。

全景の様子

ヤマハッカ 全景 ヤマハッカ 群落 ヤマハッカ 全景
ヤマハッカ 全景 ヤマハッカ 全景 ヤマハッカ 少花の個体全景(株は貧弱ではない) 密集した小さめの群落を形成することが多い
どこで見ても大抵同じような印象だが、たまに下段右のように葉腋の花序が単一花や二花程度になったりする個体も見られる。

花の拡大と花後の萼

ヤマハッカ 花 ヤマハッカ 花 ヤマハッカ 花 ヤマハッカ 花
ヤマハッカ 花横 ヤマハッカ 花後の萼 花柄・小花柄と萼は明るめの若草色から渋めのはっきりした赤紫に染まり、裂片が整っているためきれいな星型。あまり筒が深くない。
花はこの萼にやや斜めに筒が伸びる感じで「ヘ」の字状になり少し下がっている。
筒部分が長細い。花冠の先端はまず大きく上下に2裂し上唇は立っていて逆台形状で、更に4中裂する。
この中央の裂片には列状に並んだ濃い紫の線状斑点があり、イヌヤマハッカと区別できる。
下唇は広げれば幅広いが左右がきれいに巻き上がってシベをやや包んで細くなっり、突き出している
オシベは下唇にくるまれて4本あり、暗い渋赤紫の葯に黄色い花粉が溢れている。二長オシベだが、葯の大きさ分程度しか位置が離れていない。
メシベは弓状に上に反っていて、先で柱頭は縦に二つに割れている。
花冠外側には開出した短毛が多い。

葉と茎・花序軸の様子

ヤマハッカ 葉 ヤマハッカ 葉 ヤマハッカ 葉・茎
ヤマハッカ 茎 ヤマハッカ 茎の毛 対生。卵形で整っているが植物体のバランス上、結構小さめのものが多い。下部でも葉柄含め4cm程度。基部はぼってりした円形。鋸歯は少し丸っこいが先は角(かど)がある。
葉柄は長く葉身の1/2から2/3程度ありはっきり目立つ。葉身が翼状になって基部へ続く。
主脈から、細脈の次の脈までがしっかり筋状に窪み皺深くなっている。
表は点状にぷつぷつやや立った微毛が生えるが目立たない。裏面と葉柄裏には白い軟毛が密生し目立つ。
茎には下に強く鉤状に屈曲するC字状の白い軟毛が密生している。稜の方が毛が多いが、面にもかなり生える。


花確認:
2007(F10)
2008(F8)(F9)
2010(F11)
2011(F7)(F10)
2012(F8)
実確認:
2007(C10)
2008(C9)
2010(C11)
2011(C11)

宮城県版のヤマハッカ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。