まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヘラオオバコ

ヘラオオバコ 全景
オオバコ科オオバコ連
オオバコ属
123456789101112

Plantago lanceolata L.

一見硬い茎(実際にはすぐ潰れる)に、高い草丈。20cmから50cm程度になる。
普通のオオバコとはかなり異なるので、オオバコの仲間だとは思わない人もいると思われる。
花序は3cmから5cm程度で頂点に穂状。花ひとつは花弁平開時2.5mm程度。
葉は細長くまさにヘラ状で大きくなる。また、多少立ち上がる。
穂部の長さ1cmで妙な形になっている群落もある。
茎、葉とも白い軟毛で毛深い。
蕾の時期は黒緑で彩度が低い。

花序

ヘラオオバコ 花序 ヘラオオバコ 雌性期花序 下から順に、ほとんど開いていない萼と花弁の中央から試験管ブラシのような長いもじゃもじゃのメシベを伸ばし、やや痛んできた頃に花弁を平開させ長い花糸を持つオシベを4本出す。
長いオシベが目立つのでシャンプーハットが徐々に上がっていく感じ。
左の写真の右側の長いものは既に全ての花が終わった状態。
右の写真はまだ始まりのずんぐりした花序で、花序内はほぼすべて雌性期の花で、雄性期の花は下の方にたったひと花咲いている。

花の拡大

ヘラオオバコ 花の拡大 ヘラオオバコ 花の拡大 平開した花弁が見える。花弁は4枚で狭卵形で褐色、中央に濃い筋。他は全体にやや透ける
萼は白い開出気味の軟毛が目立つ。
萼が子房の下にあるので子房を包んでいて…花弁は子房の先端にある模様。一般的な子房下位(萼も子房の上にある)でもないし子房上位でもない構造で、何と呼ぶのかは不明。単に萼の位置が変わっている子房下位でよいのだろうか。

果実(痩果)と種子の様子

ヘラオオバコ 果実 ヘラオオバコ 果実と種子 子房は段々膨んで、花序から飛び出してくる。
子房表面はやや紫にかすれた感じに染まる。
右の写真(※向きは全て左が基部側)、上段は萼・花弁ともついた状態。中段はそれらを外した痩果。薄い茶色い果皮の下に黒い種子が透けている。下の方にやや白いリング状になっている切れ目で割けて種子をこぼす
下段は種子の様子。長さ1.2mm程度で扁平な長楕円。黒く、表面は脈状の模様がいくらかあり、縁はやや翼状。

幼生株

ヘラオオバコ 幼生株 冬の様子。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2008(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
実確認:
2008(C6)(C7)(C8)(C9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。