まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ラナンキュラス レペンス 'ゴールド コイン'

ラナンキュラス レペンス 'ゴールド コイン' 全景
キンポウゲ科 キンポウゲ属
123456789101112

Ranunculus repens 'Gold Coin'

花は1.5cmから1.8cm程度、這い性がやや強くくねくねしているので丈は高くないが長さは30cmから40cm程度ある。
Ranunculus repens(ハイキンポウゲ)の栽培品種となっているが、実際にはあまり似てないなと感じる…。ランナーで拡大していくことから時折植栽が伸びていって周辺に逸出している。
八重化されていて果実はできない。
花の中央に緑が残っている時期(咲ききっていない時期)は当然花弁が倒れていないので厚みがあるが、完全に咲ききって黄色くなっている頃には各花弁がみな平開し平たくなり、ゴールドコインの名に相応しくなるが、緑が残っている時期の方が面白みはあると思う。


花の拡大
ラナンキュラス レペンス 'ゴールド コイン' 花 キンポウゲの類のニスのようなつやの多い花弁だが、八重で密集しているためつやが捉えづらく、ちょっと物足りない。
下部の葉・上部の葉・茎の様子
ラナンキュラス レペンス 'ゴールド コイン' 下部の葉 ラナンキュラス レペンス 'ゴールド コイン' 上部の葉 ラナンキュラス レペンス 'ゴールド コイン' 茎の毛
3出複葉。下部の葉もかなり小さく、複葉全体でも3.5cm程度しかない。鋸歯が尖り気味なせいかやや野性味がある。
上部の葉は葉柄がないかほとんどなく、披針形の単葉になっているものも多い。一応、3出複葉。
茎には開出毛が多い。

花確認:
2006(F5)
2007(F5)

宮城県版のキンポウゲ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。