まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

サフラン

サフラン 全景
アヤメ科
サフラン属
Crocus sativus L.

花は5cmから6cm程度、花被片の形状の都合で基本的に半開に見える。
草丈は10cmから15cm程度で、葉が目立たないので草地にいきなり花が咲いているように見えて面白い。
近所で長年放置されていた空き地に大群生していたが、最近開発が始まった。
草刈りによりそこらじゅう切れている個体が多く、被写体を探すのに苦労した。

花と花柄、蕾の様子

サフラン 花 サフラン 花柄 サフラン 蕾
鮮やかで薄い紫で濃い紫の条が放射状に走る花被片がきれい。基部側が非常に濃い色。
内花被片、外花被片ともに3で、形状はどちらもほとんど同じ、倒披針形かやや太い。
中央が外に押し出されるような立体的な形状なので、全体を斜めから見た際に美しい。
先端は一応は角があるもののほとんど160度くらいで接しているので鈍い。
もっとも太い部分から先端までは、縁は細かい波状になっている。

オシベは3本あり、葯はオシベ基部付近からずっと続いているので、全体に葯がある印象。
花糸の延長となる葯隔は葯と顕著に色が異なり薄紫で先端まで平たく続く。
なお、葯は基部では花糸と離れて出っ張っていて、先端でも花糸(呼称としては葯隔)と別に出っ張っているのではっきり分かる。
それぞれの葯はU字状ないしV字状にに大量の花粉を挟み、ホットドッグのようになっている。
花粉は濃く鮮やかな山吹色。

特徴的で有名な(※香辛料「サフラン」はこれを乾燥させたもの)メシベは、濃く鮮やかな朱色で、基部付近で3本に別れる
長く、3cmから4cm程度。
開花初期は寄り添って閉じたオシベに囲まれた上にメシベ自身も先端までぴんとしているがすぐだらんと垂れていくので、少しみっともない感じもあると言えばある。

花柄は白に近い極めて薄い紫から花の基部に向けて濃くなっている。

葉と鞘のような部分

サフラン 葉 地面から3cm程度まで、茶色めの半透明の皮に包まれ次に茶色味のほとんどない半透明の白い皮(10cm程度)に包まれ、そこから花柄と葉を出す。
葉はやや平たい2mmから3mm程度の太さの針のような線形で、枚数はけっこうある。
濃い緑。
草地ではあまり目立たない。

4本に分かれたメシベの個体

サフラン メシベが4裂したサンプル 同じ場所で4本に分かれたものも見つかった。


花確認:
2007(F11)

宮城県版のサフラン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。