まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツルウメモドキ

ツルウメモドキ トップ・枝・葉
ニシキギ科
ツルウメモドキ属
Celastrus orbiculatus Thunb.

花は5mmから6mm程度(※雄花)、先端がつる性で下部は結構がっしりした木本で、丈は2mから3m程度、長さは4m程度か。
雌雄異株だが花粉を出し果実もつける両性花も見られる
つる性らしくないというような記述も時折見かけるが、なんの、下部がしっかり立ってるだけで先端のつるはコイルのようにかなりぐるぐる巻いているものも多い。

株の様子

ツルウメモドキ 全景 引いた様子。

雄花の様子

ツルウメモドキ 雄株の雄花 ツルウメモドキ 雄花 薄緑で一見萼のようだが花弁。長楕円で、縁はやや白い。不整に切れ込んでいる場合も。縁は裏側に反っている。
卵形に膨れた大きめな萼部分がかわいらしい。
かなり地味だが花数は多い。
各葉腋から1から3本程度の太い花柄を出し、その先で1から3に分かれてから節をもって小花柄をつけ花をつける。
雄花はオシベだけで中央には普通には退化メシベが見えない。

両性花の様子

ツルウメモドキ 両性花 ツルウメモドキ 両性花横 ツルウメモドキ 両性花 オシベが目立ち葯が割れちゃんと白い花粉も浮いていた上、三つに分かれた大きな柱頭と大きな子房のメシベも目立っている。

花芽というか、花序が出てくる場所

ツルウメモドキ 花序の元 ツルウメモドキ 花序の元 枝の頂点や葉柄の上部にキューピーの頭のような、先端がオレンジに染まった尖った卵形のものが出ている。よく見ると広卵形で白いのが何重にも合わさっているのだが、これが段々伸びて花序を形成する。
なお、よく似た形状でより小さいものが既に出た花柄の分岐部分にも見られるが、これはひとつの花になる部分。

葉の様子

ツルウメモドキ 葉 ツルウメモドキ 冬の葉 左は花期の葉。つやの強いきれいな濃緑。全体に大きめに強くよれる。色やつやの感じから少し堅い印象もあるが触ると柔らかい。

最初は広卵形から極端なものは更に広い形状なのだが、大きくなった葉はやや長さの方が勝ちウメやサクラのような卵形になる。
先端はあまり極端に細くなっていない。基部は円形に近づいたくさび形。
細かい鋸歯があり、やや「し」の字状に鋸歯先端が丸くなっている。

右の写真は落葉前ぎりぎり。つやのある質が薄い濃緑の葉は、冬には彩度の低い黄緑になって垂れている。この色の頃には、そよ風レベルでぽろぽろ取れていく。

実着き・つる状の枝・果実の拡大

ツルウメモドキ 実着き ツルウメモドキ つる状になった枝の様子 ツルウメモドキ 果実 黄緑の楕円で先端が針状に突起になっている1cm程度の果実は鮮やかな黄色になる。
徐々に外の『果皮』は3方にきれいに裂開して反り返り、濃く鮮やかな『朱色の仮種皮』に包まれた種子がむき出しになる。(中央の写真は丁度顕著なつるになっている部分だったので掲載したもの。)

ツルウメモドキ 果皮 このように果皮の先端が接合したまま基部の方から3方に裂開していきなり帽子状にぽろっと外れることもある。
なお、先端の尖った部分は子房部の先端の花柱が宿存したもので、花期と比べれば伸びている。この写真でその先端にある『3枚のお皿がくっついたような平たく広い部分』は花の写真でオシベに取り囲まれて見えていた柱頭が宿存したもの。柱頭からその少し手前辺りまでが早期に茶色く萎びて乾いていくためこの部分だけ取れ落ち既にないものも多い。(※なぜか分からないがこの部分が気になる方が随分こちらへいらっしゃるので追記することにした。)

果実の詳細

ツルウメモドキ 果実 ツルウメモドキ 果実 ツルウメモドキ 小花柄
赤い仮種皮の部分は3つに分かれている。(乾燥していないとぶよぶよしてきれいに外せないが。)
それぞれに2つずつ種子が入っているので、全体では6つの種子が入っている。
仮種皮の部分は萎びて緩くなって、先端だけ仮種皮とくっついているむき出しの柄(胎座が柄状に発達したもの?)から外れて落ちる模様。柄は枝にそのまま残るので王冠というか鹿の角みたいになって面白い。

なお、小花柄の節は分かれた後1/3程度の位置にある。

中の種子の拡大

ツルウメモドキ 種子 3mmから3.5mm程度の少しいびつな楕円形。
薄い灰褐色。

両性花のその後~結実

ツルウメモドキ 若い果実 ツルウメモドキ 若い果実の拡大 ツルウメモドキ 若い果実の中
子房が大きくなり果実然としてきた。やはり両性花でよかった模様。
種子もちゃんと大きくなっている。

赤い部分(仮種皮)について

赤い部分は…複数の種子をひとつに内包するという点が何だか果肉っぽくて気持ち的にはしっくりこないが、仮種皮とされる構造物。
確かに、
王冠状というか鹿の角的な柄が、胎座が複数に分かれる柄状に発達したものだとすると、 赤いものの中でその柄が生えているのではなく丁度赤いもの3つの隙間、つまり外側に柄が配置されている構造。
赤いものがそれの先端の方から生えているような構造になっている。
そう考えると、通常言うところの果肉ではなく、種子と胎座をつなぐ構造物。
また、種子には別にちゃんと硬い皮がある上、そもそも複数の種子をひとつで包む時点で既に、種皮ではない。
ということで、『珠柄または胎座が種子を包むよう発達した』ものを呼ぶ仮種皮で、そのうち、この場合は(おそらく柄に見える方は胎座由来なので、)赤い部分は珠柄が発達したものだと思う。
※そう思う、というもので、実際のところはどの部位が発達したのか不明。


花確認:
2007(F5)
2008(F5)
実確認:
2007(C12)

宮城県版のツルウメモドキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。