まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ブタナ

ブタナ トップ
キク科
ブタナ属
Hypochaeris radicata L.

花は3cmから4cm程度。草丈は30cmから50cm程度。
タンポポに少し似た舌状花のみの黄色い頭花をつける。長く大抵ひょろっとしたビニールのようなプラスチックのような細いがしっかりした硬さの茎を基部から数本伸ばし途中でやや開出した枝を出す。
茎はタンポポの仲間のような黄色味は少なく葉と近い色のものが多い。
法面の吹きつけ内に大繁殖していたり中央分離帯に大繁殖していたり。都市部でも農村部でも道路脇の周辺に多く生えている。

全景の様子

ブタナ 全景 ブタナ 全景 ブタナ 若い全景 ブタナ 全景
荒れた裸地や砂利にも、草むらにも生える。大抵の株で、伸びた茎が途中で枝分かれする。

ブタナ 全景 これは千葉県ではなく宮城県のものになるが、郊外の各地では法面や中央分離帯等に大繁殖し吹付け芝等以外が生えていない状況も多く目にする。なお、この写真は他の植物もあるのでだいぶましな方。(とはいえ、黄色いのと白いのは全てブタナ。)

蕾と頭花の様子

ブタナ 蕾 ブタナ 蕾 総苞は3列程度でなり、各総苞片は細く狭披針形、全体にくすんだ色でうぐいすのような灰緑系の色。先端はたこ状に硬化・肥厚している。より発達したものでははっきりした角状突起として上面に突き出している。先端は濃紫になっている。
段々細まる太い斜上毛で一列の筋が出来ているが、程度も毛の長さも場所(下の方か上の方か)もまちまち。また縁は肥厚している先端でだけ白い太い毛が生えている。

ブタナ 花の拡大 ブタナ 花横 花期の総苞は丸みがなく円筒状。

葉と茎の様子

ブタナ 葉 ブタナ 茎下部 ブタナ 茎 葉は濃緑で頭大羽状に裂け、裂片も湾入部もやや丸みがあり、多少波打つ。両面とも白い開出毛が目立って生えている。毛は太い。
茎には開出した太い毛が下部に散生する。各所に小型の鱗片に近い葉がつくのだが、たまに茎が花茎風ではない個体もありその場合ははっきりした三角状の大きな葉がついて「ノ ゲ シの先にタンポポが咲いたような雰囲気」の植物に見える。
茎は角張っていて筋部に棘のような小さな突起が少しだけ散生しているがほとんど気づかない。面部分には粉状の微細毛が密生しているがほとんどつるつるに見える。

果実の様子

ブタナ 果実期 ブタナ 果実 ブタナ 果実 遠目でのぱっと見は、少し薄汚く茶色を帯びてしまったタンポポのようにも見える。サイズも似たようなもの。
痩果は赤みがある。痩果上部先端のくちばしが発達し軸状に長く伸びてその先端に冠毛がある。痩果は二形性を示さない
各痩果の先端の放射状の冠毛は羽毛状に枝が出ているためタンポポより毛が濃く感じる
この放射する冠毛は二列になってついている。
(※似た植物のヒメブタナでは、外周側の小花の痩果と内側の小花の痩果で形態が異なる二形性を示し、周囲のものは軸状に発達しないで痩果にいきなり放射冠毛がつく。また、総苞片には列毛はなく、葉表には毛がないかほとんどない。)


花確認:
2006(F5)(F9)(F10)(F11)
2007(F5)(F6)(F8)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F6)
2012(F8)
2013(F5)
実確認:
2006(C5)
2008(C6)(C7)(C8)(C9)
2009(C6)
2013(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。