まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウシノシッペイ

ウシノシッペイ 総
イネ科
ウシノシッペイ属
Hemarthria sibirica (Gandog.) Ohwi

草丈は80cmから1m程度、1本の総は10cmから12cm程度が多いか。
直立性が高い。
総は無毛で、つやのないラバーのようで色はやや白緑。印象としてはネズミか何かの尻尾のよう。

1本の総の形態がわりと特徴的なせいかこれを見た後に頭に残る印象としては『全体で1本ぽい』なのだが、葉脇から(1から)数本の総が出ていて、全体の総の本数も実は結構ある。

大型河川の高水敷にて群落を確認。

全景の様子

ウシノシッペイ 全景 ウシノシッペイ 全景 ちなみに、この植物を初めて見た際には、伸びきってない総でもう各小穂の花が咲いている?と思ってしまった。

総の様子

ウシノシッペイ 花 ウシノシッペイ 花 ウシノシッペイ 花
扁平で軸に沿うように湾曲した軸と小穂が、軸にぴたっとはまっていて総全体が1本に見える。
総が出掛かりなのかもう咲いているのか分かりづらい形状なのだが、隙間からちょこちょこと、白いブラシ状柱頭と橙に近い褐色の葯がはみ出ている。
1小穂内1小花。
扁平な小穂の軸と小穂の苞穎はシルエット的には連続的だが境界付近は黄色っぽく色が薄くなり、境界には茶紫の線になる。また、よく見るとやや窪んでいる。
苞穎の縁はやや色が薄く白い半膜質に見える。

葉舌・葉鞘の様子

ウシノシッペイ 葉舌部 葉の縁はかすかに毛状というか歯になっていて引っ掛かりがある。
かなり上部まで葉があり、葉鞘が茎を強く巻く。
葉鞘にはやや毛が生える。


花確認:
2007(F8)
2008(F8)

宮城県版のウシノシッペイ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。