まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ホトケノザ(シロバナホトケノザ寄り)

ホトケノザ(シロバナホトケノザ寄り) トップ
シソ科 オドリコソウ属
123456789101112

Lamium amplexicaule L. f. albiflorum D.M.Mooreに近いタイプ

花は幅3mmから3.5mm程度、長さ2cm程度。草丈は10cmから20cm程度。
身近で確認している限りでは、赤紫色素が少ないこと以外特に差異はなく、茎の性状や時期等も一切が同じ模様。

家のそばの空き地にあるホトケノザ群落内に存在。
1、2本とかではなくいくらか見られる。

除草剤や土壌が要因の場合のように各部、特に葉等が弱ったりしておらず、各所正常で元気
花だけではなく全体の赤紫の色素が極めて少なく、葉縁の濃紫や茎の紫褐色もない。(というより、そもそも少ないから花も白いと言うべきか。)
分枝したどの枝も同様で株レベルで全体が色素が少ない。
赤紫の通常のものの群落内に混生し、赤紫のものも特に痛んだりおかしなところは見られない。

純白の花をつけるものはシロバナホトケノザと呼ばれホトケノザの一形態とされるが、シロバナホトケノザは斑紋もなく本当に純白のようなので、斑紋がありやや桃色の残るこの写真のタイプにはいまのところ和名はない、ということになるか…。
(モモイロホトケノザ?ウスアカホトケノザ?ウスゾメ?なんと呼ぶとしっくりくるのだろう。まぁ私が適当に考えても仕方ない。)
両方の中間なのだが、それぞれとは明確に間がありきれいに連続しているわけでもないので一応こういうタイプ、と考えるのがよさそうか。

【その後】
開発工事で失われる場所となり分果を2、3粒もらってベランダのプランターに適当に撒いてみた。空き地のものを一代目として最終的に4代目まできちんとこの状態で安定しているのを確認できたが、その後(個人的に色々あり管理し切れない状況になり)、一緒のプランターの他のものとともに一面の糸状カビに覆われその上西日にも会い…廃棄することとなった。
普通のものと比べて弱いということもなく…。

混生している群落の様子と株全景

ホトケノザ(シロバナホトケノザ寄り) 混生群落 ホトケノザ(シロバナホトケノザ寄り) 全景
見ての通り、葉は縁にも染まりがなく、茎もシンプルに黄緑
同じ群落の通常の色のものは葉縁と茎、葉裏脈上等に紫味がある。
混生する通常のものの変化の範囲(ほとんどない)とこの色合いのものの変化の範囲(ほとんどない)との間には明確な隙間があり、一応、連続的ではない。
まだ薄くは伸びていない小さな蕾時期の花は特に色味が強いため、桃色をしていてかわいらしい。

花の拡大

ホトケノザ(シロバナホトケノザ寄り) 花の拡大 ホトケノザ(シロバナホトケノザ寄り) 花の拡大(上側というか背中側) なお、まったく色素がないわけではないので、 花冠の上下裂片の先端側縁や下裂片斑点は普通に濃く、また、花冠内のごく一部の筋状の部分、背面側ごく一部の斜めの模様部にはとても薄い赤紫の染まりが見られる。
筒部は組織がよく薄く伸びているためほとんど真っ白。
花粉は朱色に近い橙で目立つ。

果実の様子

ホトケノザ(シロバナホトケノザ寄り) 果実の様子 受粉もきちんとし、果実(分果)もごく普通にできる。1.3mmから1.5mm程度か。


花確認(閉鎖花だけの時期も含む):
2008(F3)(F7)
実確認:
2008(C3)(C7)

宮城県版のオドリコソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。