まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タチツボスミレ 細花弁

タチツボスミレ 細弁 全景
スミレ科
スミレ属
Viola grypoceras A.Gray

群落全体で、花が小さく、通常レベルに開いた状態で幅1.2cm程度、長さ1.5cm程度。
通常は2cmから2.5cm程度はあり、もう少し撮影が楽だが…。
また、どれも花弁が異様に細く、各幅太い所で4mm程度しかない。ごく一般的な形状のものとはかなり印象が異なる。
茎は下部でやや這い性が上部が直立気味の湾曲斜上。ただし林縁の斜面なので日光の都合や傾きの都合で、判断しづらいので何ともいえない。
花色は赤系でも青系でもないかなり中間的な薄紫。

(なお、初めてこの形態の花を見た際には、萎れて細くなっているのかと思った。近づいてみたら、細かった。)

花の拡大と柱頭の様子

タチツボスミレ 細弁 花拡大 タチツボスミレ 細弁 柱頭 側弁の内側基部付近は無毛。
花弁が異様に細いため、隙間から萼や向こうが見える。

距と萼の様子

タチツボスミレ 細弁 通常の距 タチツボスミレ 細弁 萼と変わった距 タチツボスミレ 細弁 距を裏から 左は同じ群落内にある一般的な距で、右はちょっと変わった距の個体。もちろんどれも細い花弁。
萼の後ろ側(付属体)は角丸四角状。

葉・葉裏と茎・托葉の様子

タチツボスミレ 細弁 葉 タチツボスミレ 細弁 葉裏と茎 タチツボスミレ 細弁 托葉 葉は長いもので4cm程度。3cm程度が多いか。
基部は円形から切形を経て心形まで。心形のものが多い。
つやは強くない。ルーペでは毛が確認できるが、ほとんど目立たず一見無毛。
縁には鋸歯がある。葉裏は薄緑。葉柄には翼等はない。
この種は有茎で、顕著に何箇所もから花や葉が出ている。
托葉は披針形で縁はくねくねした毛のようになっている。櫛の歯状。


花確認:
2007(F3)
2008(F3)(F4)
2009(F3)(F4)
2010(F4)

宮城県版のスミレ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。