まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スズメノヤリ

スズメノヤリ 全景
イグサ科
スズメノヤリ属
Luzula capitata (Miq.) Miq. ex Kom.

頭花は1cm前後、草丈は7cmから20cm程度。
大き目の株では株元で大量に分枝して叢生し、花茎を放射状に斜上させている。
花序内のつんつん立った針のような葉が何となくかわいらしい。

全景・花序

スズメノヤリ 全景 スズメノヤリ 全景 右はこれまでで最大数の花序。全部で5玉できている。

花序と苞葉

スズメノヤリ 花序 スズメノヤリ 苞葉 卵球形にまとまった頭花を基本的に1、まれに2か3つける。
長さ1.5cm程度・径1.3cm程度と大きな頭花。
複数つける場合は、柄の見えない通常の大きな頭花と同じところから長めの柄を伴って2つ目以降が出ている
こちらの頭花は基本的に小さめで、長さ1cm程度、径8mm程度。
頂点には数枚の苞葉がつき、そのうち長く目立つものが1枚(頭花が複数ある場合は2、3枚程度)あり、斜上してつんつん目立つ。縁に白い長い毛が密生。

花の拡大

スズメノヤリ 雌性期の花 スズメノヤリ 雄性期の花 スズメノヤリ 雄性期の花 左は雌性期の終わり間近。
ひとつの花は展開時で花径4mm程度。
雌性先熟で(基本的に)花被片の開いていない状態でメシベを突き出し、花被片が開く頃にはメシベはほとんど萎れ気味。
花被片は長楕円状披針形で細く2.5mm程度、先端は鋭く尖りややくるんと巻いたり縁れたりしている。
濃い茶色で、中央基部側がやや明るい色。また、縁は半透明で白く、やや縁れている。

メシベは3mmから3.5mm程度あり、そのうち柱頭先端2mmから2.5mm程度が3本に裂け閉じている際にも外に出ていて、若草色と黄土色の中間の色。
子房は膨らむ前はベンツマーク状で黄緑。
オシベは6本あり、ユリ科のような3・2・1の三角の配置をしている。
※スズメノヤリは同属内同亜属のいくつかの近縁種と異なり、花糸より葯が長く、短いものでも1.3倍程度ある線形。明るい黄色。
花被片の外側には長さ1.5mm程度と短い卵形の白い半透明膜質のものが張り付いている。萼か?これの縁にも毛が生える。

スズメノヤリ 花拡大 展開したもののまだメシベは瑞々しくオシベからは花粉が出ていないサンプル。子房も膨らんでいない。
このサンプルの個体は葯はかなり長い。

葉の様子

スズメノヤリ 葉 葉には縁に長く白い毛が密に生え、幅4mmから7mm程度。
ほとんどが下部につくが茎の中間辺りにも1から数枚つく。

果実と種子・種枕の様子

スズメノヤリ 果実 スズメノヤリ 果実 スズメノヤリ 種子 子房が膨らんで正面から見ると角丸三角形でおにぎり状。
基部側が細く、倒卵形。赤茶色に染まっている。
花被片はぴったり果実にくっついている。果実の長さは花被片とほぼ同長
種子は3つ入っていて、長さ1.5mm程度、少しいびつな長楕円状でぷりっとしている。種子の基部側についている白いものはエライオソームを含む種枕とされる。種子長の1/2程度


花確認:
2008(F4)
2010(F3)
実確認:
2008(C4)
2010(C3)

宮城県版のスズメノヤリ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。