まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アリアケスミレ

アリアケスミレ 全景
スミレ科
スミレ属
Viola betonicifolia Sm. var. albescens (Nakai) F.Maek. et T.Hashim.

花は1.5cmから1.8cm程度、草丈は5cmから7cm程度。
無茎種で、株元から葉と花茎を伸ばしている。花茎は無毛

花色に変化が極めて多く、それが名前の由来らしい。(有明の空は変わりやすいというところから。)

花の拡大・萼と距の様子

アリアケスミレ 花 アリアケスミレ 花 条が多くて染まりのように見えるものも多いようだが、この個体は白地に濃い紫の条だけと認識できるもので、シロスミレに似た色合い。
(※葉柄が短く、葉が立っていないことや、距が極端には短くないので区別できる。そもそもシロスミレは高地のものだが。)
唇弁は拡がって先端が強めにふたつになっている。
側弁の基部内側には毛が目立つ。
柱頭は逆さにしたおにぎりのような三角

アリアケスミレ 花の横・萼・萼の付属体・距 アリアケスミレ 花の距と萼
距はやや短めででっぷりと太く白い。萼片はやや太い。薄黄緑で柔らかな色。付属体はシンプルで、角丸四角状。

葉の様子

アリアケスミレ 葉 葉は出始めは立っているが花期にはほとんどが弱く斜上するかべたっと地面に広がっている。
幅の変化の少ない長楕円状披針形で基部は切形と心形の中間
先端は丸い。縁には低い鋸歯がある。
葉柄はせいぜい葉身の2/3程度の長さ
葉柄には翼がある


花確認:
2008(F4)
2009(F4)(F5)

宮城県版のスミレ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。