まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツボスミレ

ツボスミレ 全景
スミレ科
スミレ属
Viola verecunda A.Gray

花は1.2cmから1.5cm程度、草丈は5cmから7cm程度。
有茎種だが茎部分は弱く斜上、やや這っている部分も多く葉等の陰になりあまり目立たない。
ニョイスミレとも。(※ニオイスミレではない。聞き間違い・読み間違いに注意。そちらは帰化の別種。)

花の拡大・側弁と柱頭の様子・距と萼の様子

ツボスミレ 花拡大 ツボスミレ 花の側弁内側・柱頭の様子 ツボスミレ 花の距・萼 条は側弁・唇弁にあり、上弁にはないが、代わりに中央付近に広いしみ状に淡紫がある。
唇弁が垂直になるほど開いてぱこっと奥に引っ込んでいるので影になりやすくいい位置に咲いていないと撮りづらい。
側弁の内側基部には毛がある。柱頭は逆さにしたおにぎり状。
距は太く短く、黄緑。
花茎は茎の途中から出ている。

葉と葉裏の様子

ツボスミレ 葉 ツボスミレ 葉 ツボスミレ 葉裏 通常は広卵形から円形で基部は心形。先端は一応尖る。つやがある濃い緑。
葉裏は黄緑味がありやや紫に染まる。脈は強く染まっている。
葉柄に翼はない。
有茎種なので葉は根生のほか茎の途中からも出る。

茎と托葉の様子

ツボスミレ 茎と托葉 茎は紫味が強く、多少這う傾向がある模様。托葉は太目の線形で基本的に全縁、まれに強く数個だけ裂ける。


花確認:
2008(F4)

宮城県版のスミレ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。