まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ビオラ・ソロリア

ビオラ・ソロリア 全景
スミレ科
スミレ属
Viola sororia Willd.

(アメリカスミレサイシン)
花は幅1.8cmから2cm程度、草丈は4cmから7cm程度。
無茎種で、株元の葉の間、中央から花茎を伸ばしている。
花の中以外無毛で花茎はすべすべ、葉もわりと光沢がある。

大株ではごつごつした根茎が肥大して妙な姿になっている。


この種は大抵、側弁や唇弁の基部(つまり花の奥・中心部)が黄緑っぽくなっているのと側弁内側基部の毛が多く長く太いのでぱっと見で何となく目立つ。

古くに園芸品種として入って各所で逸出して拡がっている模様。
メジャーどころの園芸品種は以下。
'パピリオナケア':(Papilionacea)
濃い紫で基部寄りが白に濃い条が目立ち、基部が薄黄緑。色の境界がくっきりしている。距は濃い赤紫。紫の部分は、眼の方向に強く光を反射している部分は赤みが強く、それ以外の場所は青みが強く見える。
元はViola papilionaceaとされていた模様。
根茎が肥大するのを確認。
この記事の基本写真はこの園芸品種。
'プリケアナ'(プリセアナ):(Priceana)
ビオラ・ソロリア プリケアナ 花 白で基部寄りが水彩の青(から藍)、基部の薄黄緑はかなり目立つ。距は渋く強い赤紫に染まる。

'フレックルズ(フレックレス):(Freckles)
白地に藍を不規則に細かくスパッタリングしたような模様が満遍なくある。基部が薄黄緑。そばかすとは…微妙な名前だと思う。
'スノープリンセス':(Snow Princess)
ビオラ・ソロリア スノープリンセス 花 ビオラ・ソロリア スノープリンセス 花 ビオラ・ソロリア スノープリンセス 花
真っ白な花弁で基部寄りが薄黄緑。
真っ白で中心付近が黄緑。
根茎が肥大するのを確認。
'ルブラ':(Rubra)
赤みの強い少し淡い紫で基部寄りが白濃い条が目立ち、基部が薄黄緑。パピリオナケアと異なり距は白い。
'アリスウィター':(Alice Witter)
プリケアナに似て青色部分が赤みが強い紫。

※似ていると引き合いに出されるニオイスミレは全草毛が多く、葉も表裏とも短毛が生える。
更に、逆に側弁内側の毛は短毛でやや少ないので、ソロリアのように奥が見えなくなるようなことはない。
また、名の通り芳香があり、ハーブとしても扱われる。こちらも各所で逸出して生育している。

花の様子

ビオラ・ソロリア 花拡大 ビオラ・ソロリア 花中心部 側弁の内側基部寄りには太めで長い白毛が大量に生え、中が見えないくらいになっている。
唇弁も内側基部寄りにほんの少しだけ、短毛が生えるが肉眼では気づかない。
側弁と唇弁とで長めの筒のようになっていてそれよりずっと早い位置で上弁が反り返るので、 斜めから見ると花弁の隙間から側弁の薄黄緑?白の外側が見えて色の対比が印象深い。
花茎は無毛

ビオラ・ソロリア 花の距 萼は太めで黄緑にやや紫が入る。縁は透明膜質。先端は丸い
距はややでっぷりしていて、短い

葉の様子

ビオラ・ソロリア 葉 葉は長さ2.5cmから3cm程度で異様に整った広卵形、基部は心形で、葉身の1/3程度。縁には整然と細かい鋸歯が並ぶ。
葉柄には翼はない
葉裏は緑。


花確認:
2008(F4)(F5)
2010(F4)

宮城県版のスミレ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。