まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マルバスミレ

マルバスミレ トップ
スミレ科
スミレ属
Viola keiskei Miq.

花は幅2cmから2.5cm程度。草丈は5cmから10cm程度。無茎種。
やや厚手に感じられる白い花弁に濃い赤紫の条が映える。
全体の毛の様子でマルバスミレとケマルバスミレとに分けていたが今は合わせてマルバスミレと呼ぶ模様。まぁ変化が連続的なので当然かと…。
この文書にはマルバスミレタイプとケマルバスミレタイプを掲載するが、毛の有無の話なのでセクションは分けない。
なお、側弁内側基部に目立つ毛が密生するものは特にヒゲケマルバスミレと呼ぶらしい。ヒゲケマルバスミレは近所の住宅地内にある畑の脇(ぼろぼろの土手状になり、自然の中でも崩壊地によく生えるので、都合が良いのだろう。)に超矮性株が多数群生している。寿命は長く何年も生育を続けているが、丈がパーツが大きくなる気配はない。

全景の様子

マルバスミレ 全景 マルバスミレ 全景 マルバスミレ 全景
きれいだが、白い花はどアンダー以外の方法で白飛びしないよう撮るのには苦労する。(どアンダーは花以外が暗すぎる。)

花の様子と距・萼・萼の付属体の様子

マルバスミレ 花 マルバスミレ 花 マルバスミレ 花
マルバスミレ 花の中央 どこにでも多いタチツボスミレ(のうちでも、ふわっとした方)と比べるて、だいぶふわっと丸く柔らかい花姿。
花弁は太めで丸っこい。
柱頭は逆さにしたおにぎりよりもやや細い逆三角。
同じ群落内で、側弁内側基部の剛毛はまちまちで、無毛から少数生えるもの、密生するものが一緒に咲いている。違って当たり前で性質として毛は固定していない模様。

マルバスミレ 花の横顔 マルバスミレ 花の横顔
マルバスミレ 萼と距・花茎 萼は太身で途中まで等幅。大きめの付属体が後ろに突き出ている
距は先端側が太くなりややぼってりして見えるものから、細身のものまで色々だが、バランス的には長め赤紫の斑点がある。

葉の様子

マルバスミレ 葉 マルバスミレ 葉 広卵形で先端は鈍い(丸い)。基部は心形。鋸歯は鋭くはないが目立つ。3cmから4cm程度。
つやなく柔らか。毛が多い。表にも生えるが裏はかなり密生
裏は緑。



花確認:
2008(F4)
2009(F4)
2010(F3)
2011(F4)

宮城県版のスミレ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。