まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメスミレ

ヒメスミレ 全景
スミレ科 スミレ属
123456789101112

Viola inconspicua Blume subsp. nagasakiensis (W.Becker) J.C.Wang et T.C.Huang

花径(横幅で)1cm程度草丈4cmから5cm程度とかなり小さい無茎種
花茎は赤紫で白い短毛が散生するがこれと同じくスミレと同系統な色合いの小型種であるノジスミレよりははるかに毛が少ない。
また、花はノジスミレよりやや小さい。

花色は赤みの強い濃紫。モニタの都合もあると思うので補足すると、スミレの色によく似ている

葉はよれているものが多く、寝てもいないが極端に立っているとも言いがたい。

全景横顔

ヒメスミレ 全景横顔:花茎 先述の通り、花茎には短毛が散生。

花の拡大・萼と距・花の中心部の様子

ヒメスミレ 花拡大 ヒメスミレ 花拡大(萼と距) ヒメスミレ 花の中心部拡大 花弁は倒披針形で細い。唇弁のみ、基部から3/2程度まで白く、境界は汚い剥げた感じでわりあいくっきりしている。
唇弁には花色より濃い紫の条が目立つ。側弁内側基部には毛が密生。
柱頭は逆三角で逆さにしたおにぎりのよう。
距はほぼ真っ直ぐでわずかに下方に湾曲花色と比べればだいぶ薄く、花茎よりやや薄い感じで、花弁より赤味が更に強い赤紫。(距の色はスミレよりはやや薄め。)
萼は若草色と鮮やかな赤紫がまだら状で、萼後方の付属体はいびつでやや歯牙状になり、形は定まらない。

葉と葉柄の様子

ヒメスミレ 葉 ヒメスミレ 葉裏 葉柄合わせて3cm程度、葉身だけでは2cm程度と小さい。いびつなものも多く、よくくねったりくしゃっとなっている。
葉形は極端に細い三角(披針形)で基部は斜め後方にやや張り出し心形でスミレと異なる。先端は分かりやすくきっちり尖っている模様。
葉柄には翼がない
緑色は濃い目だが、スミレのように厚手には感じない。裏面は赤紫に染まっている。
葉柄縁や葉の表に短毛が散生するがノジスミレのような微毛密生、という状態ではない。また、表側の縁付近が最も多い。(縁そのものには生えていない。)
裏面には、若いうちに少しだけ毛が生えている模様。ノジスミレのように主脈も含めてびっしりという状態にはならない。


花確認:
2008(F4)
2010(F5)

宮城県版のスミレ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。