まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キランソウ

キランソウ トップ
シソ科 キランソウ属
123456789101112

Ajuga decumbens Thunb.

花は下唇裂片幅で6.5mmから7mm程度と小さい。全草が地を這うことが多いが、日陰から開けた方向へ先端が斜上するのはまったく珍しくないので、あまり這うかどうかにこだわりすぎると別種や雑種と勘違いする。花序は目立った棒状・塔状のものを形成せず葉腋毎に少な目の花をつける。花序は立たないもののひとつひとつの花はやや立っている。
各部に毛が多いが、ぱっと見だけではそれほど目立たない。葉表には鈍いつやもある。
茎は多くが赤紫だが必ず染まるものではない。少し毛が生える。
葉も赤紫のものから緑だけのものまであるが、個体差というより環境による差が大きい模様。

家の周辺では二箇所でだけ確認、それ以外には、よく行く遠方(田舎の方)では結構見られる。
どちらも林縁の明るい場所にて。

全景と周囲の様子

キランソウ 全景 キランソウ 全景 目に沁みる紫が全体としては帯のようになりつつ数cmくらいずつのふんわりした塊になってやや周囲に散って拡がっていて、きれい。よく見ると大きな一株だったり結構拡がる種類。なお、写真では紫が薄く写ったり全体に黄色被りしたりでちょっと埋もれているが、実際は結構目立つ。

花と萼・シベの様子

キランソウ 蕾等 キランソウ 花 キランソウ 花 キランソウ 花 キランソウ 花 キランソウ オシベ・メシベ キランソウ 花を背から キランソウ 花の上唇
花は濃い青紫。シベが強く斜上しているため、一花一花全体が頑張って立ち上がっているように見える。
下唇は結構広く感じる。3つに裂け側片は斜め前方に伸びている細い楕円状、中央片は最も大きく基部には白く色の抜けた部分があり、その部分では紫部分が条になって目立つ。
中央片の先端は左右が膨れ、それぞれ不整にがたがたになっている。それらの間(中央)には函館よろしくぽっちが出ている。
上唇はかなり短く、先端は低く二つに裂けるが目立たない。それぞれの先は尖らずかなり丸い。上唇は立っているが、シベの方ばかりり目立って正直背面から真っ直ぐ見ないと分からない。
オシベは花糸が花冠と同じ紫色で、よく立って、先に濃い小豆色の葯を前向きにつけて黄色い花粉を大量に出している。二長オシベで、葯の1.5個分くらい葯の位置が異なる。4本並んだ中央にそれらより長いメシベが伸びていて、先端は二つに裂けてそれぞれが前と後ろに弱く湾曲している。よく見るとずっと先の方だけが白っぽい。
花冠には短毛が散生。また、普段は見えない下唇裏の基部近くの中央の条付近では長い軟毛が生えている。
大きな葉の葉腋にあるため埋もれていて分かりにくいが、思いのほか筒部は長い。
萼は全草の中で最も長い毛が開出して生え、また最も毛の量も多い。

葉の様子

キランソウ 葉 キランソウ 葉 キランソウ 葉裏
葉は小さめで、株内の標準的な大きさの葉でも2.5cmから3cm程度。最下部のものは4cmから5cm程度あるが、多くない。
狭長楕円で、基部はくさび形というか漸先形、短くて目立たないが一応葉柄はある。縁には辺が丸っこくて鈍いがはっきりした鋸歯が不整に数個だけある
表面は鈍い燻したようなつやが感じられるが軟毛が散生する。縁ではそれがやや目立つ。が、それほど多くない。
葉裏では、脈上に長い開出した白軟毛が大量に密生

花確認:
2008(F4)
2009(F4)
2010(F4)(F5)
2011(F4)

宮城県版のキランソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。