まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤマグワ

ヤマグワ トップ
クワ科 クワ属
123456789101112

Morus australis Poir.

花は雌花花序は丸っこく長さ1.5cmから2cm程度、雄花花序は長細く長さ2.5cmから4cm程度、枝はよく横に広がっている。周囲では樹高は3mから4m程度。
多くは雌雄異株だが、時折同一株につく。この文書の写真の個体は同一株についたもの。(同一だと、探す手間が省けて楽。)
クワ(マグワ)に似るが、花柱(軸の部分)がずっと長い。
葉にはつやがあり、また、この仲間は脈の入り方が独特。
花は互生の葉脇から最初ちょんと上に伸びているが、そのうち花柄が伸びて最盛期には下垂する。

葉形の変異

ヤマグワ 丸葉タイプ ヤマグワ 裂け葉タイプ この二種類の葉形が多い。この中間的なものもある。
同じ株内で若い枝や古い枝、元気な枝等、枝毎に葉形が異なるのは普通。

雌花花序の多い部分の枝と雌花花序・雌花の拡大

ヤマグワ 枝 ヤマグワ 雌花花序 ヤマグワ 雌花拡大
卵形のつやっとした子房から長めの花柱がまっすぐ伸びて先端で柱頭が2裂してくるんと巻いている。
花柱(軸状の部分)部分が長いのが特徴。
花柱・柱頭が目立つので、もじゃっとした虫のよう。ちょっぴり気持ち悪い。
花柄にはやや粗い毛が生える。

雄花花序の多い部分の枝と雄花花序・雌花花序の写ったカット・雄花の拡大

ヤマグワ 枝 ヤマグワ 雌花花序と雄花花序 ヤマグワ 雄花花序 雄花はあまり長くない花糸の先端に小さな葯をつけたオシベが4本。

葉の表と裏の様子

ヤマグワ 葉 ヤマグワ 葉裏 ヤマグワ 大きくなった葉 互生。
葉形は変化が大きく、シンプルな場合は卵形。3裂した特徴的なものもある。
7cmから8cm程度のものが多い。
基部が円形から浅心形、先端はつまんだように長く尾状になっている。鋸歯は細かく、整って2段になっている部分が多い重鋸歯
表面はつやが強い明るい緑裏面は脈上に柔らかい微毛が密生。 主脈は基部から3本出て、そのうち左右の脈はそれぞれ外側にのみ側脈が並び特徴的。
左右の主脈は、葉身基部で縁沿いになっている。(なのでそこだけ小さくくさび形。)
葉柄は葉裏同様、一応微毛が生える。ただし全体にではなく、筋状に有毛のゾーンがある。
右は大きく元気な、果実期頃の葉。20cm程度ある。

幹の様子

ヤマグワ 幹の様子 幹は赤みが強い明るい褐色。(※新芽から出ている新しい枝は緑。)
明るい筋がある。また、丸い小さな白っぽい模様がかさぶたのように盛り上がって点々とあり水玉状。(若い枝では円形ではなく細い楕円形の模様。)
また、表面の赤茶色の皮がところどころ剥がれて緑色の中が見えている。

たわわな果実

ヤマグワ たわたな果実 まだ若いが、かなりの実の数。
ここは住宅地エリアから切り捨てられた、散歩のじさまばさま方しか知らないような場所。

若い果実から熟した果実まで

ヤマグワ 若い果実 ヤマグワ 熟し始めた果実 ヤマグワ 黒熟果実 長さ2cm程度になる。
宿存した花柱はちょっと気持ち悪い。
中央の写真の中央の果実あたりからはもう食べられる味。
黒紫に熟すとコクも出てかなりおいしい。この手の山の果実共通だが、味は薄めで甘みもそれほど強くなく、若いサクランボ的な味。
…食べると唇等が紫に染まるので注意。目立つ。
なお、左の写真で二本枯れて萎びた褐色の紐がぶら下がっているが、雄花花序の成れの果て。

果実追加

ヤマグワ 果実 ヤマグワ 果実 黒熟してはいないものだが。
拡大してみるとよく分かるが、ひとつの花柱につき4つの液果状の粒。これは実は、宿存する萼。


花確認:
2008(F4)
2009(F4)
実確認:
2008(C5)(C6)

宮城県版のクワ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。