まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

トゲナシイチゴ

トゲナシイチゴ トップ
バラ科 キイチゴ属
123456789101112

Rubus yenoshimanus Koidz.

トゲナシイチゴとは─「推定雑種(カジイチゴ×モミジイチゴ)」とされている。

目にできるあらゆる性質が、モミジイチゴとカジイチゴの中間で、この群落のものはややモミジイチゴ寄り。印象としては6:4程度か。
花は3cm程度、ほとんどの部分で、花は短枝の途中の葉脇か短枝の枝先に同位置からひとつかふたつ。一応、ひとつが多い。なお、まれに短枝の途中の葉脇にひとつと枝先にひとつという離れたつき方の部分もある。(カジイチゴ:まとまってやや多数、モミジイチゴ:短枝の基部か途中の葉脇から、基本的にひとつ)
枝は横に張り出しやや枝垂れる。樹高は2mから3m程度か。
花期も絶妙で、モミジイチゴのやや後期から、カジイチゴのはしりの間にそれぞれ重なって位置する。

この両種の推定雑種は各所で見られるようで、千植誌によればトゲナシキイチゴ・ヤブアワイチゴ・オオトゲナシキイチゴ・マナヅルイチゴ・イズイチゴ・エノシマキイチゴといくつかの型がある模様。
千植誌の写真や説明から判断すると、マナヅルキイチゴはモミジイチゴ寄りの葉、エノシマキイチゴはカジイチゴ寄りの葉。端的に言えば。近所で見られるこの文書の群落は、マナヅルキイチゴとされているものが近いと思われる。
かなりの株数が確認できた。

全景

トゲナシイチゴ 全景 トゲナシイチゴ 全景 一瞬、大きなモミジイチゴ、という印象。が、その後すぐ、明らかな違和感を抱く。

花の拡大、萼の様子

トゲナシイチゴ 花 トゲナシイチゴ 花 トゲナシイチゴ 萼 花はほぼ真横向きで、オシベはやや斜めに開く。(カジイチゴ:上か斜め上を向き、オシベは平開気味、モミジイチゴ:花柄ごと完全に下垂し真下向き、オシベは直立しまとまっている)

葉・葉裏・葉柄と枝

トゲナシイチゴ 葉 トゲナシイチゴ 葉裏 トゲナシイチゴ 葉柄・茎 葉はモミジイチゴとカジイチゴの中間のサイズで9cmから10cm程度が多い、葉質はモミジイチゴ寄りの中間、葉色はモミジイチゴに近く縁等に赤味がある。葉脈での凹凸具合もモミジイチゴ寄り。
基本的に3裂か5裂。3裂が多い。(花枝の葉ではまず5裂してしない。)
各裂片は細く尖った狭卵形で先端はややつまんだように細く出て鋭い。モミジイチゴの裂片にかなり近い。


カジイチゴ:つやの強い鮮やかな濃緑でややビニール風のものも多い。形状は裂片が広く、5裂が多い。裂片を埋めた場合の全体の比重は円。
モミジイチゴ:赤紫褐色味のあるやや鈍い色、特に脈上はこの赤紫褐色味が強い。3から5裂で各裂片は細く鋭く、中央裂片から順に段々裂片は極端に小さくなっていて、裂片を埋めた場合の全体の比重は卵形か狭卵形。

短枝毎に互生する葉が3枚程度。
葉裏の脈状には、ごくまばらに短い棘が生える。(カジイチゴ:棘なし、モミジイチゴ:顕著に棘あり)
葉柄はほぼ無毛でわずかに腺毛が見られる。顕著ではない短い棘がごくわずかに生える。=中間。
(カジイチゴ:開出した赤い腺毛があり棘はない、モミジイチゴ:毛はなく目立つ棘が顕著に生える)
茎は一見つるつるしているがルーペレベルでは微軟毛がやや多くあり、ややまばらに赤紫味のある微腺毛もある。
また、1mm以下のかなり短くほとんど分からない棘が、極端にまばらに生えている。=中間。(カジイチゴ:古い部分は無毛でつやがあり棘はない、新しい枝は開出した赤い腺毛が密に生える、モミジイチゴ:つるつるしていて、目立つ棘が顕著に生える)

花後の様子

トゲナシイチゴ 実の時期 トゲナシイチゴ 実の時期 群落ではモミジイチゴが混生してどちらも大量にある。モミジイチゴはどれも普通に実がなったが、この木本は一切稔らず、全て花柄を残して脱落、花柄が萎びて終わっていた。


花確認:
2008(F4)

宮城県版のキイチゴ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。