まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スズメノカタビラ

スズメノカタビラ 全景
イネ科
ナガハグサ属
Poa annua L.

Poa属は、「イチゴツナギ属」とも。
草丈は6cm?12cm程度と小型。
基部2cm程度は地を這ったりするがほとんどの部分は直立気味。
円錐状花序で、数本の総を出し、花序の、それぞれの総の基部や、総の中の各小穂の基部は明るい黄褐色になっている。
葉は先端が尖り、左右は強く折れて茎を挟んでいる。

(体が吹っ飛ぶほどの突風の中での撮影でろくな写真がないが一応掲載。5倍ルーペ(被写界深度は1mm以下)が限界だった。今後写真の補完が必要。)


総・小穂・小花の様子

スズメノカタビラ 花部 総内では間隔を少し空けて小穂の軸が出ている。小穂は5つ程度つくものが多い模様。
各小穂は扁平で横に広く、最下につく苞穎(ほうえい)は小花の外花穎と同程度の大きさ。つるっとした黄緑で先端に白っぽいふさふさの柱頭をつけた子房が覗いているのが写っている。
苞穎は縁・外花穎では先端側大部分が、メタリックな感じの赤紫に染まっている。
なお、外花穎の先端側縁はやや透ける。


花確認:
2006(F5)
2008(F2)(F3)(F4)(F5)(F7)(F8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。